転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

転職時の選考&内定承諾後の辞退について!例文やメール案

男性がタブレット端末を見ながらメモを書いている写真
  • URLをコピーしました!

就職活動や転職活動を進めていく中で、応募企業が自分の希望や想像と異なっている場合があるかもしれません。

想像との違いが許容範囲内であれば問題ありませんが、理想と大きく異なる場合は、選考辞退や内定辞退の検討が必要となります。

大きなミスマッチを抱えたまま採用されてしまうと、我慢できずにすぐに辞めてしまうことにつながります。

転職者

企業に悪い気がして、辞退を言い出しづらい…

すわなか

丁寧に辞退を申し出れば、まったく問題ありません!
辞退を申し出る場合は、できる限り早めに行動するようにしましょう。

早めのタイミングで丁寧な対応を心がければ、応募辞退は遠慮せず申し出てもらって大丈夫です。

今回は選考&内定辞退を行うべきタイミングや、辞退の例文やメール案などについて解説したいと思います!

この記事の内容
  • 選考&内定辞退という選択について
  • おすすめの辞退連絡の方法や例文
  • 辞退を行うべき期限やタイミング

本記事では、就活&転職活動時の選考辞退方法や、内定辞退を行う期限やタイミングなどについてお話します。

選考途中で辞退を考えている人や、内定辞退を希望している転職者は、ぜひ本記事を参考にしてもらえたらと思います。

目次

転職時の選考辞退&内定辞退は問題なし!無理な入社の方がデメリット

応募企業の選考を通して、自分の思った働き方と異なったり、希望の職場や勤務地で働けなかったりといったケースに出会うことがあります。

許容範囲内であればそのまま選考&入社を進めることもできますが、違いが大きすぎる場合は選考辞退や内定辞退を検討することになります。

ここでは、ミスマッチを抱えたまま入社することのデメリットを紹介します。

長期的に働けずに辞めてしまう可能性がある

ミスマッチを抱えて入社すると、勤務開始直後は我慢できたとしても、その後に耐えきれずに辞めてしまうリスクがあります。

ミスマッチとして職務内容や働き方などがありますが、他の要素としては勤務地や通勤時間なども含まれます。

すわなか

意外と多いのが、通勤時間の問題です。
希望の勤務地と異なる職場に配属されると、想像以上に通勤時間が負担になり、仕事を続けられなくなることがあります。

自分の希望条件をすべて満たせる職場は少ないかもしれませんが、少なくとも「ここまでは許容できる」といったボーダーラインを設けておくことが大切です!

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

転職先を選ぶ機会やチャンスを失ってしまう

無理に入社した場合のデメリットとして、その後に選べる転職先の候補が減ってしまう可能性が挙げられます。

転職活動は応募者の貴重な時間を必要とするため、不必要に転職を繰り返すと時間と労力がかかってしまいます。

また転職回数も増えてしまうため、応募先として選べる企業が減ってしまったり、経歴的にマイナスとなるリスクがあります。

転職活動のチャンスは決して無限ではないため、希望に合わない転職を行うことはおすすめできません。

無理な入社は転職先の企業にもコスト&デメリットとなる

ミスマッチを抱えて入社したり、すぐに退職したりすると、転職先の企業にもデメリットが大きいです。

人材を採用するときに、企業側は「採用担当者の人件費」「制服や備品の購入費」「入社前の健康診断費用」などの採用コスト負担が必要です。

採用担当者

長期的に働いてもらえると、上記のコストは問題ありません。
ですが入社して数ヶ月程度で退職するとなると、採用コストに関して赤字となる場合が多いです。

長期勤務が難しいのであれば、無理な入社は企業側にもデメリットとなります。

そのため長く働けなさそうであれば、ミスマッチを抱えたまま我慢して入社するよりも、丁寧に辞退を申し出た方が応募企業にとってもメリットとなると言えます。

スーツ姿の男性2人が向かい合って面接している写真
無理な転職&入社は避けるようにしましょう

転職時の選考&内定辞退!辞退の連絡は誰にいつまで行うべき?

ここでは、転職時に選考辞退を行う場合のタイミングや連絡先などを解説します。

辞退のときにどのように連絡すべきか悩んでいる転職者は、ぜひ参考にしてください。

選考辞退は「転職エージェントまたは採用担当者」に連絡する

選考辞退を行う際の連絡先は、企業への応募方法によって異なります。

参考までに、転職エージェントや直接応募の場合の辞退連絡先は下記の通りです。

  • 直接応募 → 企業の採用担当者に連絡
  • 転職エージェント経由 → 担当エージェントに連絡

基本的に、最初の応募窓口となった担当者に連絡すればOKです!

選考途中で担当者が変わった場合などは、交代先の担当者に連絡を行うのがおすすめです。

辞退連絡は電話がベスト!悪印象を与えない辞退連絡がおすすめ

選考辞退や内定辞退を行う場合、基本的には電話での辞退連絡をおすすめします。

電話で伝えたほうが悪印象を与える可能性が少なく、メールや書面で送るよりも無難と言えます。

すわなか

将来的に、辞退した企業と仕事上の取引が発生する可能性はゼロではありません。
辞退連絡の際、できる限り悪印象を与えないことをおすすめします。

相手の忙しい時間帯や夜間などは避けて電話を行い、辞退を申し出ることを推奨します。

辞退連絡はできる限り早めに!直近の選考から1週間以内がおすすめ

選考辞退&内定辞退の連絡は、できる限り早めに行うことがおすすめです。

特に内定承諾後だと、企業側で入社日の調整や準備を進めている可能性があります。

辞退連絡は、直近の選考から1週間以内に行うことがおすすめです。

迷っている場合はともかく、辞退を決意したなら早めに辞退の連絡を行うようにしましょう。

スマートフォンと筆記用具が写っている写真
できる限り早めの電話連絡がおすすめです

選考辞退&内定辞退を伝えるポイント!おすすめの例文を紹介

ここでは、選考や内定承諾後に辞退を申し出る場合のポイントやおすすめの例文を紹介したいと思います。

就活を進める中で、なかなか辞退を伝えられない転職者は参考にしてください。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

辞退の希望ははっきりと伝える!辞退理由の詳細は話さずともOK

選考途中か内定承諾後であるかに関わらず、連絡時は辞退希望の旨をはっきりと伝えることが大切です!

辞退理由の詳細を説明する必要はありませんが、辞退希望の旨だけはしっかり伝達することを推奨します。

すわなか

もし他の企業に転職が決まっていたとしても、社名を出すことは控えましょう。
逆に家庭事情で転職できなくなった場合などは、理由を伝えてもOKです。

辞退連絡の際、できるだけ失礼にならないように配慮する必要があります。

今後再応募の可能性がある場合は特に、電話口で選考のお礼や辞退のお詫びを伝えるようにしてください。

例文①:電話で選考辞退&内定辞退を行う場合

それでは、電話で選考辞退や内定辞退を行う場合の例文を紹介します。

電話で辞退の申し出を行う転職者は、下記をタップして表示される例文を参考にしてください。

例文②:メールで選考辞退&内定辞退を行う場合

基本的には電話での辞退連絡が原則ですが、企業担当者の都合などで電話連絡が難しい場合があります。

そのような場合、下記の例文を参考にしてメール連絡を行うことをおすすめします。

メールで辞退連絡を行う予定の転職者は、下記をクリックして表示されるメール案を参考にしてください。

就活&転職活動での辞退連絡!電話で丁寧に伝えるのがベスト

この記事では、転職活動で選考辞退&内定辞退を行う際のポイントや例文などを解説しました。

辞退連絡を行う場合、基本的には電話で失礼のないように早めの連絡を行うことがおすすめです!

電話やメールで辞退を申し出る際の例文も紹介しましたので、辞退でお悩みの就活生は参考にしてもらえたらと思います。

この記事のおさらい
  • 辞退の申し出は電話連絡がベスト
  • 直近の選考から1週間以内がおすすめ
  • 感謝やお詫びを伝えながら辞退する

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

転職者&求職者におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、転職者&求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように様々な転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

8 − three =

目次