転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

転職時の職歴の空白期間は不利になる?理由や説明例を解説

スーツ姿の男性会社員が転職用の履歴書を手書きで作成している写真
  • URLをコピーしました!

仕事を退職してから次の転職先を探す場合、履歴書の職歴に空白期間ができてしまうことがあります。

仕事を辞めてからじっくり転職活動に取り組みたい場合や、体調の問題で休職を挟んでから転職活動を行う場合など、職歴にブランクが生じる理由は人それぞれです。

転職時の職歴の空白は、正しく理由を説明できなければ不利になる可能性があります。

転職者

職歴に空白期間ができてしまったけど、大丈夫かな…

すわなか

ブランクとなった理由を説明できれば問題ありません。
スキルアップや転職に専念するためなど、理由をしっかり持っておきましょう!

やむを得ない事情で経歴に空白期間ができてしまったら、マイナス評価を受けない説明を行うことが重要です。

今回は職歴にブランクが生じた場合の対策や、その説明例などを解説したいと思います!

この記事の内容
  • 職歴に空白期間ができてしまうケース
  • マイナス評価にならない理由付けや説明例
  • 不利&デメリットになるケース

本記事では、転職活動の開始までに空白期間ができてしまった場合の対策例について解説します。

職歴の空白期間やその説明の仕方でお困りの転職者は、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

目次

職歴の空白期間の説明!デメリットにならない理由や説明例

ここでは、履歴書の職歴に空白期間が生じてしまう例や、デメリットにならない理由付け&説明方法などを紹介します。

転職活動を行う際に、職歴に空白期間が生じることは決して珍しくありません。

職歴のブランクの説明で困っている人は、下記を参考にしてください!

職歴にブランクが生じるケース!多いのは退職後に転職活動を行うパターン

ここでは、職歴に空白期間が生じてしまうケースを紹介します。

理由として多いのは「退職後に転職活動を行う」といったケースで、後悔のないように転職活動を進めたい人だと、前職を辞めてから転職活動を行う場合があります。

  • 前職を退職してから転職活動を進める場合
  • 体調不良で休職後に転職活動を行う場合
  • 家族の転勤の都合で引越し後に転職する場合
  • 通信講座でスキル習得後に転職する場合

おおよそ上記のような理由から、転職活動開始までに空白期間が生じてしまうケースがあります。

職歴に空白期間ができたからといって、悲観的になる必要はありません。

以下では、職歴の空白期間に対する好印象な説明例を紹介したいと思います。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

職歴の空白期間はポジティブに説明!理由なしのブランクは厳禁

次に、職歴に空白期間が生じた場合の理由付けや説明例を紹介します。

基本的に空白期間が生じた理由はポジティブに説明して、マイナス評価を受けないように気をつけましょう!

良い例①

前職の仕事を完遂してから転職活動を行いたく、退職後に転職活動をスタートしました。

良い例②

外部の教育プログラムを受講し、転職実施までにスキルアップを目指していました。

良い例③

転職先でしっかり活躍できるように、体調回復を待ってから転職活動をスタートしました。

上記をまとめると、下記のような意図が読み取れます。

応募企業にメリットがあると感じさせれば、理由としては十分と言えます。

  • 前職に迷惑をかけたくない → 責任を放棄したくない
  • スキル向上を行っていた → 転職先で活躍したい
  • 体調回復を待っていた → 転職先に迷惑をかけたくない

仕事に対する責任感や転職先での活躍が期待できるポジティブな説明ができれば、空白期間の理由としては十分です。

職歴のブランクの理由を自分自身で再考し、応募先の企業に好印象を与える説明を行えるようにしましょう!

履歴書を参考に男性を面接している風景の写真
履歴書の空白期間の理由付けが大切です

可能なら履歴書にも理由を記載!書類選考に有利になる可能性あり

職歴にブランクがある場合、可能であれば空白期間の理由を履歴書で説明することがおすすめです!

特に空白期間が数ヶ月にわたる場合、履歴書で予め空白期間の理由を説明できていると、書類選考の突破確率が上がります。

自由記入欄などにスペースがあれば、空白期間の理由を記載しておくことがおすすめです。

理由が不十分ならマイナス評価に!職歴の空白期間説明のNG例

就活&転職活動において、職歴に空白期間が生じること自体はマイナスではありません。

しかしながら、空白期間をきちんと説明できなかったり、理由付けができていなかったりすると、採用担当者にマイナスイメージを与える可能性があります。

ここでは、マイナス評価となりうる空白期間の説明例を共有します。

理由なしの空白期間は絶対NG!自己中心的な理由付け&説明も厳禁

職歴に空白期間がある場合、ほぼ確実に採用面接等で質問されることになります。

その際に、下記のような説明や返答は絶対NGなので気をつけましょう!

  • 特に理由はありません。
  • その場の勢いで前職を退職しました。
  • 上司と喧嘩して、次の日に会社を辞めました。
  • 勢いで辞めたので、空白期間ができました。

無責任で突発的な退職理由はもちろん、人間関係だけを理由とした退職理由はNGです。

職歴の空白期間の理由として、上記を応募企業に伝えてしまうと、仮に入社したとしてもすぐに辞めてしまう人材だと認識されてしまうためです。

すわなか

自分本位な説明だと、確実にマイナス評価になります。
採用後、問題なく勤務できることをPRできる理由付けを行いましょう!

応募企業の採用担当者の目線に立ち、空白期間をポジティブに伝えることが重要となります。

書類選考後の面接時に落ち着いて回答できるように、職務経歴の空白期間の理由をスムーズに話せるようにしておきましょう!

転職用の履歴書とスマートフォンやボールペンが写っている写真
履歴書で説明するのも効果的です

職歴の空白期間は理由付けが大切!ポジティブな説明で印象アップ

この記事では、職歴に空白期間が生じてしまった場合の理由説明や、デメリットにならない説明方法などを解説しました。

履歴書の職歴にブランクができることは珍しくないので、ポジティブな内容で回答できれば問題ありません!

この記事のおさらい
  • 職歴の空白期間は必ずしも不利にならない
  • 仕事への意欲&責任感を感じさせる説明がベスト
  • 理由なしや自分本位の説明は絶対NG

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

転職者&求職者におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、転職者&求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように様々な転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

one × four =

目次