転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

転職&就活時の「いつから働けますか」への答え方や回答例

男性が転職ゴールに向かってステップアップしているイラスト画像
  • URLをコピーしました!

就職活動や転職活動の最終面接で尋ねられる質問に「いつから働けますか」といった質問があります。

応募企業への内定というゴールが見えてきた証でもあり、とても嬉しい一言でもあります。

ここで大切なのが、目安で構わないので入社希望日をしっかり伝えておくことです。

転職者

内定から入社日までの目安期間は?

すわなか

内定から入社までは、長くても2〜3ヶ月以内が限度です。
退職手続きなどを考慮すると、最短でも1ヶ月程度は必要になるかと思います。

おおよその予定でも大丈夫なので、ここで入社希望日を伝えておくと入社意欲があることを示すことができ、面接官に好印象を与えます。

今回は、転職&就活時に入社希望日を尋ねられた場合の回答例や、返答の際の注意事項などを解説したいと思います!

この記事の内容
  • 内定から入社日までの目安期間
  • 具体的な入社希望日を回答するメリット
  • 入社希望日を回答する際の注意点

本記事では、選考過程や面接で入社希望日を回答する際の注意点や、選考終了から入社までに必要となる目安期間を紹介します。

最終面接前で入社希望日を考えておきたい求職者や、内定から入社までに必要な目安期間を知りたい転職者は、ぜひ本記事を参考にしてもらえたらと思います。

目次

入社希望日のおすすめ回答例やポイント!内定〜入社までの目安期間

面接等で入社希望日を尋ねられた場合、具体的な入社希望日やスケジュールを伝えられると高評価となります。

ここでは、入社希望日を回答する際のポイントや回答例に加えて、内定から入社までの目安期間を解説して参ります。

入社までは最短でも1ヶ月程度は必要!限度は2〜3ヶ月程度

在職中で働きながら転職活動を進めている場合、現職の退職手続きを進めてから転職先に入社する必要があります。

その場合、退職手続きに最短でも2週間が必要となるため、転職先への入社までは短くても1ヶ月程度は必要となります。

採用担当者

企業としては、できる限り早めの入社ほど嬉しいです!
内定から入社日までは、長くても2〜3ヶ月程度が限度ですね。

入社希望日の設定に迷っている転職者は、下記の期間を目安にして設定してみることをおすすめします!

応募企業の意向もあると思うので、あくまで参考程度として捉えてください。

  • スムーズに退職できそう → 1ヶ月程度
  • 退職に時間が掛かりそう → 1ヶ月〜2ヶ月程度
  • 遠方で引っ越しが必要 → 2ヶ月〜3ヶ月程度

転職先が近場で引っ越しが必要なければ1ヶ月程度で済みますが、遠方の場合だと引っ越しに必要な日数を考慮する必要があります。

上記の目安期間を参考にして、無理のない入社希望日を設定してみてくださいね。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

転職時の入社希望日の回答例!おすすめの答え方とは

ここでは、転職時の面接などで入社希望日を訊かれた場合の回答例や答え方を紹介します。

入社希望日の回答方法でお困りの転職者は、ぜひ参考にしてください!

回答例①

内定をいただいてから、1ヶ月程度のお時間を頂戴したいです。
現職の業務が滞りなく進むように引き継ぎを行い、必要手続きを済ませてから御社に入社できればと考えております。

回答例②

内定から2ヶ月程度を頂戴して、8月からの入社とさせていただければと思います。
現職で進行中のプロジェクトに関わっているため、自分の責任を果たした後、御社に入社できればと思います。

回答例③

現在の居住地が遠方のため、引っ越しを考慮して3ヶ月ほどいただけないでしょうか?
御社のご期待に沿いたいと思いますが、退職手続きや転居準備を考慮し、可能であれば8月の勤務開始でご調整をお願いできればと思います。

入社希望日を返事する際のコツとしては、具体的な必要期間や入社月を回答しておくことです!

ある程度のスケジュール感を伝えることで、面接官に応募者の入社意欲やモチベーションを伝えられ、結果として高評価となります。

入社希望日を伝える際のコツ!回答時のポイントをおさらい

ここで、入社希望日を伝える際のコツやポイントをおさらいします!

  • 具体的な期間や入社可能日を伝える
  • 企業の希望に配慮する姿勢を見せる
  • 入社希望日の設定理由を説明する

企業側の希望に沿えない場合、丁寧な姿勢で調整をお願いしてみましょう。

よほど緊急度が高くない限りは、応募者からの相談にのってもらえるはずです。

採用担当者

企業側も、無理な入社日を押し付けるつもりはありません。
お互いに配慮しながらスケジュールを調整する気持ちが大切です!

企業側の意向を汲み取りながら、前向きに入社日を調整するのが大切なポイントと言えます。

スーツ姿の女性会社員が笑顔で階段を降りている写真
応募企業への歩み寄りが肝要です

入社希望日を回答する際の注意点!転職時に避けるべきNG例

ここでは、入社希望日を回答する際の注意点や注意事項を解説します。

回答時のNG例を紹介するので、これから最終面接に進む転職者は参考にしてください。

入社希望日を回答する際のNG例!抽象的な返答は厳禁

入社希望日を尋ねられた際、下記のような返答は厳禁です!

回答時のNG例をリストアップするので、最終面接前の求職者は一読してみてください。

  • 現時点では決められません。
  • 現職を辞める目処が立たず、わかりません。
  • 働いている会社次第なので、回答できません。
  • 退職まで半年以上は必要です。

上記のような回答を行うと、面接官の印象を損ねてしまいます。

入社希望日が曖昧だったり、入社意欲が感じられなかったりする回答はNGとなります。

すわなか

入社希望日に具体性がないと、スケジュール管理の能力を疑われます。
入社意欲があるのであれば、おおよそで構わないので具体的な入社希望日を設定するようにしましょう!

企業側でも応募者の受け入れ準備や入社準備など、入社までに用意すべきことが多数あります。

社会人としての基本的な配慮を示すため、上記のNG例に類似する返答は避けるようにしてください。

現職の退職に必要な期間を考慮しないスケジュールは悪印象

現職の仕事があり、働きながら転職活動を行っている場合は、在籍企業からの退職スケジュールを考慮した入社希望日を伝える必要があります。

内定から早めの入社が好印象とは言っても、現職の引き継ぎや退職手続きを考慮しない入社希望日は悪印象となる可能性があります。

  • 現職は引き継ぎ不要で、明日から働けます。
  • 上司に任せれば大丈夫なので、いつでも働けます。
  • 今日中に退職を伝え、明日から入社します。

上記のような返答は、仕事に対する責任感の欠如を感じさせます。

応募企業から低評価を受ける可能性が高いので、必ず現職での引き継ぎ責任を果たしてから入社できるスケジュールで調整を進めましょう!

男性の面接官と転職者が個室で面談を行っている写真
社会人マナーを感じさせる返答がおすすめです

入社日調整のコツや「いつから働けますか」への回答例など

この記事では、就職活動&転職活動で入社希望日を尋ねられた際の回答例や、入社希望日を設定する際のコツをお話しました。

入社希望日を伝える際、応募企業の意向を汲み取りながら調整を行うことが大切となります。

入社希望日の返答を行う際、大まかでも構わないので具体的なスケジュール感を伝えるようにしましょう!

この記事のおさらい
  • 内定から入社までは長くて2〜3ヶ月
  • 具体的な入社月や必要期間を伝える
  • 現職をないがしろにする発言はNG

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

転職者&求職者におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、転職者&求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように様々な転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

4 × three =

目次