転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

就活&転職活動の採用面接!その場で内定が出た際の対応とは

様々なビジネスシーンを描いたイラスト画像
  • URLをコピーしました!

希望の企業や職種の内定を獲得することが、就活や転職活動の大きな目標です。

希望の会社に入社するため、就職活動を進める際は入念な履歴書&職務経歴書の作成や面接対策などが必要となります。

企業側に応募者の魅力が十分に伝わると、採用面接のその場で内定が出ることも珍しくありません!

転職者

面接のその場で内定に応じて大丈夫?

すわなか

志望度が高ければ、その場で意思表示をしても大丈夫です!
もし入社を迷っているのであれば、一度持ち帰ることをおすすめします。

第一志望で入社意欲が強ければその場での許諾をおすすめしますが、もし検討したいなら丁寧にその旨を伝えることがおすすめです。

その場合は「家族に報告してから」など、適切な理由を話してから保留を申し出るようにしましょう。

この記事の内容
  • 面接のその場で内定が出るケース
  • 採用面接で内定が出た場合の対応例
  • 保留を申し出る際の注意点など

本記事では、最終面接のその場で内定を伝えられるケースや対応方法などを解説します。

これから最終面接にステップを進める予定の転職者は、ぜひ本記事を参考にしてもらえたらと思います!

目次

就活&転職活動の最終面接!その場で内定を出すケースや理由とは

就職活動や転職活動の最終面接で、その場で内定を出すケースを紹介します。

通常であれば最終面接後の電話やメールで選考結果を伝えることが多いので、あらかじめ返答を考えておかないと困惑してしまう可能性があります。

ここでは、面接のその場で内定を出すケースや企業側の意図などを解説したいと思います。

最終面接のその場で内定を出すケース
  • 決定権のある担当者が面接に参加している
  • 面接までの選考過程で内定が確定している
  • 応募者の本気度や入社意欲を確かめている

ケース①:決定権のある担当者が面接に参加している

就活&転職活動の際、最終面接に採用決定権のある担当者が参加しているとその場で内定となる可能性があります!

企業の社長や上層部の責任者など、意思決定権のある担当者が参加している場合は、あらかじめ心構えをしておきましょう。

すわなか

特に優秀な人材だと、その場で内定が出る場合が多いです!
役員クラスが面接官として参加する場合、心構えを持って面接に臨みましょう。

そのため経営者クラスの社員が参加していたら、積極的にPRを行うことも内定獲得に効果的と言えます。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

ケース②:面接までの選考過程で内定が確定している

よくあるケースとして、最終面接までの選考過程で既に内定が確定している場合が挙げられます!

選考過程で採用可否が決まっている場合、最終面接では簡単な説明や応募者の意思確認を行うことになります。

すわなか

事前に人事担当者から、最終面接が意思確認程度であることを伝えられることも多いです!

この場合だと面接の冒頭で内定が出され、その後は入社意思の確認やスケジュール感などを話し合っていく流れになります。

ケース③:応募者の本気度や入社意欲を確かめている

また別の目的として、その場で内定を匂わせて応募者の本気度を確認するケースが挙げられます!

「もしこの場で内定を出したら、他社の選考は断りますか?」といった感じで、応募者の入社意欲を確かめる場合があります。

すわなか

この場合、前向きな返事をすることがおすすめです!
特に志望度が高ければ、丁寧な返答を心がけましょう。

特に複数の応募者が応募して比較されている場合だと、前向きな返事を行っておくことを推奨します!

女性と男性の面接官が笑顔で話しかけている写真
その場で内定が出ることも少なくありません

その場で内定を伝えられた場合の対応例!答え方や対応方法とは

就活や転職活動の最終面接で、その場で内定を伝えられた場合の対応例を紹介します。

第一志望の企業であれば特に問題ありませんが、入社を迷っている場合だと返答に困るかもしれません。

ここでは、最終面接で内定を出された場合の対応方法を共有したいと思います!

その場で内定を出された場合の対応パターン
  • 志望度が高ければ承諾する
  • 迷っていれば理由を伝えて保留とする

対応例①:志望度が高ければ承諾する

最終面接で内定を伝えられた場合、第一志望&志望度が高ければその場で承諾してOKです!

入社意欲が高ければ承諾するデメリットが少ないので、お礼を伝えつつ入社意思を伝えましょう。

すわなか

特に他の応募者がいる場合は、早めの返答がおすすめです!
問題なければ、その場で返事を行いましょう。

内定承諾を伝えると、その後は入社に向けた調整を進めていくことになります。

対応例②:迷っていれば理由を伝えて保留とする

もし仮に入社を迷っているのであれば、前向きな返答をしつつ保留にすることがおすすめです!

保留の意思を伝える際、下記のような理由を添えて返事をするようにしましょう。

  • 入社意思はあるが、念のため先に家族に報告したい
  • 御社に迷惑を掛けたくないので、しっかり検討させてほしい

保留の旨を伝える場合、お礼を述べてから前向きな理由と一緒に返答することを推奨します。

女性と男性の面接官が面接を行っている写真
いずれにしても前向きな返事がおすすめです

内定を保留にする際の注意点!返事を待ってもらう際の注意事項

ここでは、就活&転職活動の最終面接で、その場で内定を出された際に保留としたい場合の注意点を解説します。

企業側の好感度を下げないために、保留をお願いする場合には注意事項が存在します。

返事を待ってもらう場合、下記に注意して保留の旨を伝えるようにしましょう。

内定保留を伝える際の注意点
  • 保留の理由を必ず伝える
  • 1週間以内には返答を行う

注意点①:内定保留の理由を必ず伝える

内定の保留をお願いする場合、保留とする目的や理由を必ず伝えることがポイントです!

保留の理由を正しく伝えられないと、応募者の入社意欲や本気度を疑われる原因につながります。

入社に前向きなことと併せて、保留とする理由を明確に伝えるようにしましょう。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

注意点②:保留から1週間以内には返答を行う

企業担当者に保留をお願いしたら、保留後から1週間以内には返答を行うことをおすすめします!

長期間にわたって保留にしてしまうと、応募者の印象悪化や内定取消につながるリスクがあります。

すわなか

保留期間が長すぎる場合、内定取消となる可能性が高まります。
遅くても1週間以内に、必ず返答を行うようにしましょう!

検討の結果、仮に内定を辞退することに決めた場合にも企業側への連絡は必要です。

最終面接から1週間を限度として、何かしらの返答を行うように注意してください。

最終面接の場で内定が出されるケースや正しい対応方法など

本記事では、就活や転職活動の最終面接の際、その場で内定が出されるケースや対応例&注意事項などを解説しました。

仮に保留とする場合でも、前向きな返事と明確な保留理由を伝えることが大切です!

志望度が高く入社意思が強ければ、その場で承諾して入社準備や調整を進めるようにしましょう。

この記事のおさらい
  • 第一志望で問題なければ承諾OK
  • 保留する場合は前向きな返事と理由を添えて
  • 遅くても1週間以内の返答がおすすめ

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

転職者&求職者におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、転職者&求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように様々な転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

twenty + 16 =

目次