転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

仕事内容が違うから辞めたい!退職&転職活動で注意すべきこと

高層ビルにあるオフィスで社員同士が会話しているシーンのイラスト画像
  • URLをコピーしました!
転職者

転職先の仕事内容が事前説明と違う…
このまま我慢して働くべき?

就活や転職活動で入社した職場で、「仕事内容が想像と違っていた」といったギャップを感じる人は少なくありません。

一時的に仕事内容が違うだけの場合や、自分の許容範囲内の違いであれば問題ありませんが、中には我慢できないほど異なる場合もあります。

今回は「仕事内容が違うから辞めたい」と感じた場合の対処法や、実際に退職&転職活動を行う際の注意点を解説します!

転職者

仕事内容が事前の説明と違っていた場合の対応方法は?

すわなか

直属の上司や採用担当者に相談してみることがおすすめです。
それでも解決できず、仕事内容の違いが許容できないほどであれば、退職という選択肢が出てきます。

まずは社内で相談できそうな担当者を見つけて相談し、状況の改善を図ることが先決です。

いきなり退職することは非推奨で、社内で改善できそうにないか動いてみてから退職を検討するようにしましょう。

この記事の内容
  • 事前説明と仕事内容が異なる理由
  • 仕事内容に違いがある場合の対応
  • 退職&転職活動で気をつけるべきこと

転職後のミスマッチを防ぐためにはしっかり情報収集を行うことや、転職エージェントなどの第三者から意見をもらうことが非常に重要です。

転職後の仕事内容に違和感を感じている人や、どのように改善すべきかわからない人は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

目次

求人票や事前説明と仕事内容が違う?その理由や原因とは

転職後に「求人票や事前説明と仕事内容が違う」といったことが起きる理由として、企業側の採用方針が確立していない場合や求人情報が更新されていないといったことが考えられます。

主に下記のような理由から、事前説明と実際の仕事内容が異なる場合が出てきます。

事前説明と仕事内容が異なる原因
  • 企業の採用方針が確立していない
  • 求人情報が更新されていない
  • 仕事内容の一部しか説明されていない

それぞれの原因に関して、以下で詳しく解説していきます。

理由①:企業の採用方針が確立していない

求人票&事前説明と実際の仕事内容が異なってしまう理由として、企業の採用方針が確立していないことが考えられます。

人員が不足しているからとりあえず採用している場合や、採用する人材の人物像をしっかり定めていない場合がこれに該当します。

すわなか

入社後の仕事内容や働き方に関して質問したときに、具体的な答えが得られない場合、採用方針を定めずに人材募集を行っている可能性があります。
採用したい人材の人物像が定まっていないと、採用された転職者と仕事内容の間にミスマッチを生じるリスクが出てきます。

入社後の仕事内容について質問したり、人材募集を行っている理由を質問したりした際、抽象的な返答しか返ってこない場合は要注意と言えます。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

理由②:求人情報が更新されていない

また仕事内容と事前説明の齟齬が生じる理由として、掲載している求人情報が更新されていない場合があります。

求人情報のアップデートを行わず、古い情報のまま求人募集が行われていると、事前説明と実際の働き方にミスマッチが発生してしまいます。

担当者

求人情報の仕事内容をチェックするだけでなく、面接等の場で採用担当者に口頭確認を行うことが大切です!
口頭確認時の仕事内容と、求人情報内の仕事内容に違いがなければ、ミスマッチの可能性が低くなります。

逆に求人情報と口頭確認時の内容が異なる場合、求人情報が更新されていない疑いがあるので要注意と言えます。

理由③:仕事内容の一部しか説明されていない

仕事内容にミスマッチを生じる理由として多いのが、仕事内容の一部しか説明されていないということです。

メインとなる仕事だけを採用担当者が説明し、それに付随して発生する業務について説明を忘れてしまう場合があります。

すわなか

「他にどんな業務に取り組む可能性がありますか?」など、質問時に仕事内容を深堀りしておくことが大切です!
しっかりヒアリングを行うことで、入社後のミスマッチを防ぐことにつながります。

実際の業務の種類が少ないと感じたら、採用面接等でしっかり確認しておくことがおすすめです。

転職者と採用担当者が面接で会話している写真
採用担当者への口頭確認がとても重要です

仕事内容に違いを感じたときの対応方法!取るべき行動とは

入社前の説明と実際の仕事内容に違いを感じたときは、まずは社内の担当者に相談して改善を図れないか行動することが必要です。

仕事内容の違いで困っている人は、下記の対応方法で改善を行えないかチェックしてみてください。

仕事内容に違いを感じたときの対応方法
  1. 採用担当者や上司に仕事内容を相談する
  2. 長期目線で改善できないか検討する
  3. 改善が見込めず耐えられないなら転職活動

それでは、それぞれの手順を詳しく見ていきましょう。

手順①:採用担当者や上司に仕事内容を相談する

入社前の説明と実際の仕事内容の違いで困ったら、まずは採用担当者や上司に仕事内容を相談してみましょう!

企業側が意図せずに異なる現場に配属している場合もあるため、話し合いによって解決する可能性があります。

すわなか

相談によって解決するかどうかは、ケースバイケースです。
特に企業規模が小さくて人員に余裕がない場合などでは、相談しても断られる可能性が高いです。

必ずしも改善が見込めるとは言えませんが、応じてもらえれば改善する可能性が高いです。

仕事内容に違和感を感じている人は、まずは採用担当者や上司に相談を行ってみてください。

手順②:長期目線で改善できないか検討する

最も妥当な改善策として、長期目線で改善できないか検討することが挙げられます!

上司や採用担当者に相談しても改善が見込めない場合、中長期的なキャリアチェンジで、希望する仕事内容や業務に取り組むことを考えてみましょう。

担当者

ある程度の規模の会社だと、部署異動や配属変更によって異なる仕事にチャレンジする機会が出てきます!
すぐに仕事内容を変更するのが難しい場合、長期目線で改善できないか検討することがおすすめです。

キャリアチェンジを行ったことのある社員の話を参考にして、将来的に希望する働き方を達成できないか検討してみましょう。

手順③:改善が見込めず耐えられないなら転職活動

どうしても改善が見込めず、我慢して働いていくのが難しい場合、転職活動を行う選択肢が出てきます。

その会社で長く働いていくのが難しいと感じたら、気持ちを切り替えて転職活動を進めることがおすすめできます。

すわなか

転職せずに現状の改善が行えればベストですが、どうしても難しい場合があります。
将来を見越して「このまま働いたら後悔しそう…」と感じるなら、転職活動を行うことも選択肢の1つとなります。

長期的な視点で考えたときに「改善が見込めず耐えられない」と感じるなら、転職活動を行ってみることを推奨します。

男性の会社員がノートパソコンで仕事をしている写真
社内で解決できない場合は転職の検討を

仕事内容でミスマッチを起こさないために!転職活動の注意点とは

仕事内容でミスマッチを起こさないための注意点として、転職エージェントなどの第三者に相談することが特におすすめです!

第三者の客観的な意見を取り入れることで、求人情報への適性や違和感に気がつくことができ、結果として入社後のミスマッチを抑えることにつながります。

転職者

転職エージェントを使うと、しつこい電話勧誘や応募強要がありそうで不安…

すわなか

基本的には心配不要ですが、どうしても担当者次第で当たり外れが出てきます。
そのため複数の転職エージェントを併用し、その中で印象の良いサービスをメインに活用していくことがおすすめです!

「興味のある転職エージェントを使ってみる」「相性が悪ければ退会して利用を中止する」といったイメージで、転職エージェントを活用してみましょう。

複数の転職エージェントを使うことでミスマッチのリスクを抑えられるので、転職活動を検討している人はぜひ参考にしてください。

まとめ「仕事内容&働き方が事前説明と違う場合の対応方法」

本記事では、仕事内容&働き方が事前説明と違う場合の対応方法や注意点などを解説しました。

入社後のミスマッチを防ぐためには、求人情報と採用担当者の口頭確認の内容を比較することが大切です!

もし入社してから仕事内容のミスマッチに気がついたら、中長期的な目線で改善を図れないか検討してみましょう。

この記事のおさらい
  • 長期目線でキャリアチェンジを考えてみる
  • 求人情報だけを鵜呑みにしない
  • 無理そうなら転職エージェントを活用して転職

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

転職者&求職者におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、転職者&求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように様々な転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

5 + 19 =

目次