転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

プロティアンキャリアは怪しい?特徴やメリット&デメリット

男性のビジネスマンが山の頂上を望遠鏡で眺めているイラスト画像
  • URLをコピーしました!

転職活動や就職活動を進める際、キャリアアップ&キャリア形成を目標として転職活動を行う人も多いと思います。

キャリアアップを目的として就活を行う場合、キャリア理論について簡単にでも理解しておくと、転職後のミスマッチを防ぐことにつながります。

そんなキャリア理論の1つがプロティアンキャリアで、プロティアンキャリアは「柔軟に変化しながら成長を継続する」といった考え方のキャリア理論になります。

転職者

プロティアンキャリアって、名前だけ聞くと怪しいかも…

すわなか

馴染みのない用語かもしれませんが、1976年に提唱された歴史あるキャリア理論の1つです。
変化の激しい現代に役立つと、日本社会でも徐々に浸透している考え方になります!

一つの組織内でのステップアップに限定せず、あくまで自分の希望を優先にキャリアアップを継続していくことを推奨する理論です。

社会や環境の変化が激しい現代に必要な考え方であると評価され、最近では企業のeラーニングなどにも導入されつつあります。

この記事の内容
  • プロティアンキャリアの意味や特徴
  • プロティアンキャリアのメリット&デメリット
  • プロティアンキャリアの口コミや評判

本記事では、社会人のキャリア開発に役立つ「プロティアンキャリア」の特徴や、利用するメリット&デメリットなどを解説します。

「プロティアンキャリアって怪しいサービスじゃないの?」など、プロティアンキャリアの情報を知りたい人は、ぜひ本記事を参考にしてもらえたらと思います。

目次

プロティアンキャリアとは!キャリア理論の意味&特徴を解説

プロティアンキャリアとは「環境の変化に応じて柔軟に対応するキャリアモデル」のことを指します。

1976年にアメリカの心理学者「ダグラス・ホール教授」により提唱されたキャリア理論で、自分自身の自己成長や主体性を重視する考え方になります。

すわなか

会社や組織を中心にキャリアを考えるのではなく、自分という個人の成長や満足度を中心にキャリア設計を行う考え方が特徴です!

例えば、プロティアンキャリアと従来のキャリアの考え方を比較すると、下記のようになります。

プロティアンキャリア従来のキャリア観
“個人”が主体“組織”が主体
“心理的成功”を重視“地位や給与”を重視
“自己成長”を重視“昇進や昇格”を重視
“自身の満足感”が重要“組織からの評価”が重要
“自分がしたいこと”を重視“自分がすべきこと”を重視
市場価値を高めていく組織内で地位向上を目指す
プロティアンキャリアの特徴や意味

あくまで「自分自身がどうしたいか」と突き詰めていくのが、プロティアンキャリアの特徴と言えます。

転職活動が当たり前になり、1つの組織のみに依存する人が少なくなってきたことにより、プロティアンキャリアが注目されてきました。

プロティアンキャリアが注目を集めている理由

プロティアンキャリアが注目を集めている理由として、これまで当たり前と考えられてきた終身雇用が終わりを迎えつつあるためです。

現代は社会環境の変化スピードがめざましく、同じ組織で生涯にわたって働き続けるケースが減少してきています。

すわなか

「複数組織に所属する」「変化に応じて仕事を変える」といったことが、当たり前になってきています!
このことが、プロティアンキャリアが注目され始めた理由と言えます。

社会や産業構造の変化に対応していくため、プロティアンキャリアの考え方が世代を問わず受け入れられています。

ノートパソコンを使って仕事をしている社会人の写真
口コミで評判を集めるプロティアンキャリア

プロティアンキャリアのメリットやデメリット!おすすめなケースとは

ここでは、プロティアンキャリアのメリット&デメリットや、学習することがおすすめできるケースを紹介します。

プロティアンキャリアの長所&短所や特徴を知りたい人は、こちらを参考にしてください。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

メリット:変化に応じて多様な働き方を受け入れられる

プロティアンキャリアを身につけるメリットとして、変化に応じて働き方を柔軟に変化させられることが挙げられます!

例えば、下記のような希望を持っている人は、プロティアンキャリアの学習がおすすめできます。

  • 1つの組織で働くことにこだわらない
  • 地位や権力よりも、やりたいことを重視する
  • 変化に対応できる働き方を身につけたい
  • いろんな組織で働いてスキルアップしたい
  • 市場価値の高い人材に成長したい

組織内での地位やステータスに固執せず、あくまで自己実現を最優先する生き方を希望する人に、プロティアンキャリアがおすすめできます。

担当者

自己成長や自己実現など、自律した生き方を目指しているなら学習してみる価値があります!

「自分のキャリアアップのために会社や組織が存在する」という考え方が、プロティアンキャリアの基本と言えます。

デメリット:終身雇用や組織内でのステップアップを重視するなら不向き

プロティアンキャリアのデメリットとして、終身雇用や組織内でのステップアップのみを重視する人には不向きであることが挙げられます。

下記のように、組織に所属することや組織内のみのステップアップを重要と考える人には向いていません。

  • 転職は根性のない負け組の発想
  • 組織に尽くすことが最も正しい
  • 社会人は会社のために働いている
  • 自分をないがしろにしても企業に貢献すべき

1つの会社や組織で働き続けることを重視するなら、プロティアンキャリアの思考はおすすめできません。

「会社での地位や権力=自分の価値」と考える人は、プロティアンキャリアを学習してもメリットが少ないと考えられます。

会社の会議室で社員が打ち合わせしている写真
自己実現を重視する社会人におすすめ

プロティアンキャリアの学習方法!身につける方法や手順とは

プロティアンキャリアを身につけるためには、現状のキャリアや自己実現で達成したいことを整理することが大切です。

もしプロティアンキャリアの学習にチャレンジしてみたい場合、下記の手順で進めてみることをおすすめします。

プロティアンキャリアの進め方
  1. なりたい自分をイメージする
  2. 現状の自分とのギャップを認識する
  3. ギャップを埋めるためのキャリアを考える
  4. 必要なキャリアを身につけるための環境を探す
  5. 適した組織や環境でキャリアを磨く

大切なのは、あくまで「自分の目標を優先する」ことです。

すわなか

自己実現のために組織を活用することが基本です。
組織優先の思考になるとNGなので、自分のやりたいことや目的を常に念頭におくように気をつけましょう。

理想の自分を具体化し、そこに向けて活動を進めていくことが、プロティアンキャリアの基本的な考え方と言えます。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

one + eighteen =

目次