転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

転職の最終面接で落ちた原因や受からない理由!落ちる要因とは

会社やオフィス関係のイラスト画像とテキスト文言が記載されている画像
  • URLをコピーしました!
転職者

転職の最終面接で落ちたけど、不採用となった理由を知りたい…

転職活動において、内定獲得の最後の関門と言えるのが最終面接です。

内定見込みの高い応募者のみが最終面接に進むことができますが、応募企業に良好な印象を与えられないと、最終面接で不採用となる可能性は十分にあります。

今回は最終面接を無事に突破するため、不採用となる原因や落ちる要因などを解説したいと思います!

転職者

どんな理由で不採用となる場合が多いの?

すわなか

簡単に一言でまとめると「将来的な活躍がイメージできない」時に、不採用となることが多いです!
入社後のキャリアビジョンを持っていなかったり、企業の価値観とミスマッチを感じさせたりすると、最終面接で落ちる可能性が高くなります。

企業側に応募者を採用するメリットを伝えられないと、採用担当者から評価を得られず、内定獲得に至ることができません。

そのため、最終面接前にしっかりと質問対策を行っておくことが、内定獲得に必要不可欠です。

この記事の内容
  • 最終面接で落ちる原因
  • 最終面接の対策に必要なこと
  • 転職におすすめできるツール例

本記事では「転職の最終面接で落ちた原因や受からない理由!落ちる要因とは」というタイトルのもと、最終面接で不採用となる理由を知りたい人に向けて解説を行います。

今後に転職活動を予定している人や、転職活動の進め方で悩みを抱えている人は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

目次

転職の最終面接で落ちる理由とは!不採用となる原因一覧や対策方法

転職活動の最終面接で落ちる理由をざっくりまとめると、主に入社してから活躍するイメージを企業側に伝えきれていないことが挙げられます。

すわなか

企業側としては「採用して価値を生み出してもらえる人材であるか」を重視しています!
そのため、活躍するイメージを伝えきれていないと不採用となる確率が高まります。

社会人マナーや話し方などに問題がなくても、上記が達成できていなければ内定獲得を目指すことは難しくなります。

最終面接で下記にリストアップしたことに該当すると、不採用となるケースが出てきます。

  • 応募企業への理解度が低い発言をする
  • 入社後のキャリアビジョンが見えない
  • スキルや価値観が企業とマッチしない
  • 仕事に対してネガティブな発言を行う

ここでは、最終面接での不採用につながる上記の原因一覧や、それぞれの対策方法を解説したいと思います。

理由1:応募企業への理解度が低い発言をする

最終面接で志望動機や応募理由を尋ねられた際、応募した企業の特徴や強みを志望理由として回答できていないと不採用の原因となります。

「社会貢献につながる仕事がしたい」「メーカーでモノづくりに携わりたい」などの一般論だけだと競合他社と差別化できておらず、企業側に好印象を与えることはできません。

オリジナリティの低い回答を行ってしまうと、入社意欲が低いと判断されてしまい、結果として不採用となってしまいます。

対策方法

他の業界や同業他社と差別化しておくことがポイントです!「なぜその業界を希望するのか」「どうして他の会社ではなくその会社を選んだのか」といったことに分けて考えると、企業ごとに独自の志望動機を用意できます。

最終面接までに企業のホームページを確認して、企業理念や業界での強みといった最低限の情報は把握しておくようにしましょう。

理由2:入社後のキャリアビジョンが見えない

また最終面接で不採用となる原因に、応募者の入社後のキャリアビジョンが見えないケースがあります。

企業側としては入社後の活躍を期待して人材を採用しているため、入社後に活躍するイメージを与えられないと不採用となる確率が高まります。

「入社後に取り組みたい業務を答えられない」「具体的な業務内容をイメージできていない」といった人は、そのまま最終面接に臨むとほぼ確実に不採用となります。

対策方法

企業ホームページや求人情報をチェックして、入社後に取り組む仕事をイメージしておきましょう!併せて、その仕事を通して企業に貢献できることや、5年後〜10年後はどのように働いていたいかを考えておくとベストです。

転職エージェントを利用している場合、担当アドバイザーに業務内容やキャリアアップ例を相談しておくと、最終面接の質問対策に効果的です。

リクルートスーツ姿の女性が路上で空を見上げている写真
採用価値のある人材であることを自己PRしましょう

理由3:スキルや価値観が企業とマッチしない

最終面接で落ちてしまう理由に、応募者のスキルや価値観が企業とマッチしないケースが考えられます。

企業側は長く働いてもらえる人材を採用したいと考えているため、スキル面だけでなく「企業理念や経営方針に共感してもらえる人材なのか」といったことも考慮しています。

そのため、企業理念と大きく異なる考え方や意見を主張してしまうとマイナス評価を与え、不採用となってしまいます。

対策方法

企業ホームページの会社情報を確認して、企業理念に共感できる部分を探してみましょう!自分の志望動機と照らし合わせて、合致する部分が見つかればOKです。

企業理念や経営方針のすべてに納得する必要はなく、少しでも共感できる部分を探して質問対策として用意しておくことが大切です。

理由4:仕事に対してネガティブな発言を行う

最終面接で不採用となる原因として、仕事に対してネガティブな発言を行ってしまうことが挙げられます。

「あまり新しいことにチャレンジしたくない」「できる範囲の仕事だけに取り組みたい」など、成長意欲が感じられない回答を行うと悪印象です。

このような発言を行うと「将来的な活躍が期待できない」と判断され、内定獲得が難しくなります。

対策方法

新しい業務や苦手な仕事に対しても、積極的に挑戦していく姿勢を見せることが重要です!仕事にポジティブに取り組み、将来的に成長が期待できる人材であることを伝えられると内定獲得に近づけます。

前職で新規業務にチャレンジした経験や、仕事上のトラブルを解決した際のエピソードなどを用意しておくと、具体性が増して好印象です。

男性の求職者が採用面接で志望理由を説明している様子
仕事への積極性をアピールすることが肝要です

転職活動の最終面接の評価ポイントとは!企業目線で大切なこと

転職活動の最終面接の対策を行う際、企業側が「応募者のどのような要素をチェックしているか」を把握しておくことが非常に効果的です。

基本的に、企業側は応募者の仕事への適性や将来的な成長性を評価していることを理解しておきましょう!

すわなか

「最終面接は応募者の適性や将来性をPRする場である」という認識を持っておく必要があります。
応募職種に活かせる経験や入社後の成長意欲を伝え、採用価値のある人材であることを訴求することが大切です!

簡単にまとめると、企業としては主に下記の項目から応募者の採用可否を判断しています。

最終面接の対策を進める際、下記のような企業目線を持ちつつ質問対策を行うことがおすすめです。

評価項目判断基準
応募職種への適性活かせる経験やスキルがあるか
企業とのマッチ度企業理念に共感できているか
将来性や成長意欲将来的な活躍が期待できるか
コミュニケーション力意思疎通や話し方に問題はないか
身だしなみや服装TPOに合わせた行動が取れているか
企業目線での評価ポイント

上記の評価ポイントを参考にしつつ、企業目線で高評価を得られるように最終面接の対策を行うようにしましょう。

転職活動中の人におすすめ!口コミで評判の転職サイトを紹介

ここで、転職活動中の人におすすめできる転職サイトをピックアップしたいと思います!

転職を成功させるためには、複数の転職サービスを併用することが強く推奨されるので、気になる転職サービスが見つかったら公式サイトから相談を行ってみることがおすすめです。

すわなか

利用している途中で「あまり好ましくない…」と感じたら、利用を中断して問題ありません!
利用すべきか迷っていたら「とりあえず使ってダメなら退会」といった感じに、気軽に使ってみることをおすすめします。

それでは、転職希望者に口コミで評判となっている転職サービスを紹介して参ります。

おすすめ①:キャリアインデックス/総合求人サイト

口コミで評判の転職サイトであるキャリアインデックスの公式サイトトップページのスクリーンショット画像
キャリアインデックス/総合求人サイト

求人情報の検索におすすめの総合求人サイトが「キャリアインデックス」です。

キャリアインデックスは様々な転職サイトの求人情報をまとめて検索できることが特徴で、いろんな転職サイトの求人情報を比較しながら探したい人に利用が適しています!

キャリアインデックスの特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

おすすめ②:第二新卒エージェントneo/20代&第二新卒向け

20代におすすめの第二新卒エージェントネオの公式サイトトップページのスクリーンショット
第二新卒エージェントneo/20代&第二新卒向け

20代&第二新卒向けの総合転職サイトの1つが「第二新卒エージェントneo」です。

第二新卒エージェントneoは大手転職エージェントとして知られていて、若手求職者の転職サポート実績が豊富にあることが特徴です。

第二新卒エージェントneoの特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

おすすめ③:UZUZ(ウズキャリ)/20代&第二新卒向け

既卒や第二新卒に評判のウズウズキャリアの公式サイトトップページのスクリーンショット画像
UZUZ(ウズキャリ)/20代&第二新卒向け

20代&第二新卒向けの総合転職サイトとして有名なものに「UZUZ(ウズキャリ)」があります。

UZUZ(ウズキャリ)ではブラック企業の求人掲載を排除していることが特徴で、入社後の定着率が他サイトと比較して高いことが注目されています!

UZUZ(ウズキャリ)の特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

おすすめ④:ウズキャリIT/エンジニア未経験者向け

エンジニア未経験者の転職に評判のウズキャリITの公式サイトトップページのスクリーンショット画像
ウズキャリIT/エンジニア未経験者向け

未経験からIT業界やエンジニアへの転職を目指したい人におすすめなのが「ウズキャリIT」です。

ウズキャリITはエンジニア未経験者の転職支援に特化していることが特徴で、入社後の定着率が高くユーザー満足度も高評価であることがポイントです!

ウズキャリITの特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

おすすめ⑤:コウジョブ/工場&製造業の希望者向け

転職者に口コミで評判を集めているコウジョブの公式サイトトップページのスクリーンショット画像
コウジョブ/工場&製造業の希望者向け

工場や製造業関係の求人情報を探している人におすすめなのが、求人サイト「コウジョブ」になります。

コウジョブは高待遇な製造業のお仕事が見つかることが特徴で、未経験から同分野への転身を目指す求職者にも利用が推奨されます!

コウジョブの特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

複数の転職サービスの併用を推奨!人気の転職サービス一覧はこちら

ここまで紹介した転職サービス以外にも、転職活動に役立つ転職サービスはたくさん存在します。

転職サイト&転職エージェントごとに特徴や強みが異なるので、複数サービスを併用することが後悔のない転職活動を行うことにつながります!

使うべき転職サービスで悩んでいる転職希望者は、ぜひ下記リンク先から希望にマッチした転職サービスを探してみてください。

まとめ「転職の最終面接で不採用となる理由や落ちないための対策」

本記事では「転職の最終面接で不採用となる理由や落ちないための対策」というトピックのもと、転職活動を行っている求職者におすすめできる情報を紹介しました。

最終面接で不採用とならないためには、仕事&企業への適性や将来性を自己PRすることが非常に重要です!

仕事へのネガティブな意見や具体性のない志望動機はNGなので、最終面接の前にしっかり質問対策を行っておくことが推奨されます。

この記事のおさらい
  • 企業側は応募者に将来的な活躍を期待
  • 同業他社と差別化できていないと不採用に
  • 成長意欲や業務適性をPRすることが大切

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

転職者&求職者におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、転職者&求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように様々な転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

nine − three =

目次