転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

転職時の面接での逆質問!おすすめの質問リストや注意点

バインダーを持った男性会社員2人が事務所内でミーティングしている写真
  • URLをコピーしました!

就職活動や転職活動の採用面接において、面接の後半で尋ねられる可能性が高いのが逆質問になります。

面接官から「何か質問はありませんか?」と訊かれるのが逆質問で、この際に質問する内容次第で、応募者への印象や評価が変わる可能性があります。

効果的な逆質問を行うと印象アップにつながり、結果として内定獲得への近道ともなります。

転職者

面接時、どんな逆質問をすべきなの?

すわなか

企業や応募職種に関する質問がおすすめです!
応募企業への熱意や、仕事への意欲が感じられる質問を行いましょう。

逆質問を通して、働く意欲やモチベーションを伝えられる質問ができればベストと言えます。

今回は面接で効果的な逆質問の考え方や、おすすめの逆質問リストなどを解説したいと思います!

この記事の内容
  • 逆質問の目的やポイント
  • おすすめの逆質問の質問例
  • 逆質問を行うときの注意点

本記事では、就活&転職活動の採用面接で行う逆質問について解説します。

逆質問のポイントや、おすすめの逆質問例を知りたい転職者は、ぜひ本記事を参考にしてもらえたらと思います。

目次

逆質問は自己PRのチャンス!逆質問タイムを設ける目的とは

就活や転職時の面接で設けられる逆質問タイムは、フリータイムではなくあくまで面接の一部となります。

文面通りに受け取り、訊きたいことが無いからといって何も質問しないと、せっかくの自己PRの機会を失ってしまいます。

ここでは、面接官が逆質問を促す目的を解説していきます。

目的①:応募者の意欲や熱意を確認する

逆質問の役割として、面接官側で応募者の意欲や志望度をチェックする目的があります。

応募意欲&志望度が高い求職者ほど企業リサーチを徹底しているため、逆質問の有無や質問内容に企業への関心度が現れてきます。

採用担当者

逆質問のレベルが高いと、応募者の意欲が感じられて好印象です!
逆に質問がなかったり、思いつき程度の内容だと、低評価となってしまいます。

応募者の本気度や熱意を把握する目的で、面接で逆質問の時間が設けられています。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

目的②:対人能力やコミュニケーション力を確かめる

加えて、逆質問には応募者の対人スキル&コミュニケーション能力を測る役割があります。

履歴書や職務経歴書は応募者のスキルを判断する材料とはなりますが、そこから応募者の人となりやコミュニケーション力を見極めることはできません。

逆質問の内容や、その返答に対する反応を見ることで、面接官は応募者のコミュニケーション力をチェックしています。

逆質問自体に加えて、面接官からの返答に対するお礼や返事といった応募者の反応も、対人スキルを測る重要な要素となります。

目的③:応募者のマッチング度や人間性を把握する

また逆質問には、応募者の人間性や企業風土とのマッチング度をチェックする目的もあります。

応募者の逆質問には、その人の価値観や考え方のほか、どの程度まで事前準備をするタイプなのかといったことまで現れます。

そのような応募者の個性や人間性が、企業や職種とマッチするのかを逆質問を通して判断しています。

転職者

どんな質問内容が好印象ですか?

採用担当者

基本的には仕事内容や職種に関するポジティブな質問ですね!
キャラクターを作り過ぎるとミスマッチを引き起こしてしまうので、仕事への意欲を感じさせる質問を行いましょう。

企業の社風や募集職種の仕事内容について情報収集を行い、それらに関する質問を行うと好印象につながりやすいです。

目的④:応募者の不安を解消して安心してもらう

その他、逆質問には応募者の不安を解消して、安心して選考を進んでもらう目的があります。

逆質問を通して不安や疑問を解消することで、応募者に安心して入社&活躍してもらうことが目的です。

すわなか

ミスマッチを起こしたままだと、入社後にすぐに辞めてしまう懸念があります。
逆質問には、しっかり企業を理解した上で入社してほしいという想いが込められています。

応募者が逆質問への返答を受け取ることで、「この企業は自分にマッチしているのか」を判断することができます。

応募者の不安を解消して選考フローを進んでもらうことや、入社後にしっかり活躍してほしいといったことが、逆質問の目的の1つと言えます。

男性と女性の面接官が話している写真
逆質問の目的を理解するのが大切

転職時の採用面接!逆質問のポイントやおすすめの質問リスト

転職時の面接で設けられている逆質問タイムでは、企業への入社意欲や熱意を伝える質問を行うことが大切です。

ここでは、面接で逆質問を行う際のポイントや、質問を準備する際に役立つ質問リストを紹介したいと思います。

会社の事業や業務&仕事内容に関する逆質問が好印象

逆質問を考える際に大事なのが、会社の事業や応募職種の仕事内容に関する質問を中心に行うことです。

質問を通して入社意欲や仕事への熱意を伝えられると、パーフェクトと言えます!

例えば、下記のような逆質問がおすすめです!

良い質問例①:事業への質問

貴社では〇〇事業に力を入れられていると伺いました。同分野の高まる社会ニーズに対応していくため、新たな技術開発やサービス展開を行っていくことをお考えなのでしょうか?

良い質問例②:仕事内容への質問

貴社の〇〇製品の開発において、私のスキルが活かせると考えております。もし他に、必要となる知識や経験がありましたら、教えていただけないでしょうか?

良い質問例③:未経験分野へのチャレンジについて

現在、私は〇〇職に応募しておりますが、将来的に△△業務のスキルも磨いていきたいと考えております。貴社の中で、複数分野の職務にチャレンジされている方などいらっしゃいますでしょうか?

逆質問において、上記のような仕事&業務に関するポジティブな質問がおすすめです!

仕事への関心度や意欲が高いと判断され、面接官の印象アップにつながりやすくなります。

逆質問のおすすめ質問リスト!質問を作成中なら要チェック

ここでは、採用面接での逆質問におすすめの質問リストを紹介します!

面接時の説明内容や雰囲気で適切な質問が異なってくるので、下記を参考に複数の質問を用意しておくことがおすすめです!

仕事やスキルに関する質問例
  • 入社までに磨いておくべきスキルはありますか?
  • どんなスキルを持って入社する方が多いですか?
  • これから力を入れていく事業や分野を教えてください!
会社の社風に関する質問例
  • 仕事を進める際、大事にすべき考え方を教えてください!
  • 活躍されている社員の方は、どんな方が多いですか?
  • 入社後に意識すべき考え方など、ありますでしょうか?
自己PRにつながる質問例
  • 応募職種で〇〇の資格を活かせる機会などありますか?
  • 〇〇の業務経験があるのですが、現場で活かせそうでしょうか?
  • 〇〇経験を活かし、貢献できそうな業務はありますでしょうか?

面接の雰囲気や、自分のPRしたい部分にターゲットを当てて質問するのがおすすめです!

事前に逆質問時の質問事項を複数準備しておき、実際の面接時の雰囲気に合わせて質問するようにしましょう。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

事前準備で好印象な逆質問!場の雰囲気にあった質問を

ここまで、転職活動の採用面接でおすすめしたい逆質問例を紹介しました。

大切なのは逆質問の事前準備で、面接時の説明や雰囲気にマッチした質問を行うことです。

すわなか

ジャンルの異なる複数の質問を用意しておきましょう!
スムーズに質問できるように、自分で模擬面接を行うこともおすすめです。

もし用意した逆質問の内容が不安であれば、友人や知人にチェックしてもらうのもおすすめです。

しっかり事前リサーチを行い、効果的な逆質問を行えるように準備しておきましょう!

女性の面接官が笑って話しかけている写真
意欲を伝える逆質問がおすすめです

逆質問時に避けるべきポイント!質問のNG例&注意事項など

続いて、逆質問の際に避けるべき項目を下記にリストアップします。

基本的に、当たり前の内容や雇用条件に関する質問は避けるのが無難と言えます。

その①:公にされていて当たり前の内容を質問しない

逆質問の際、企業ホームページや求人情報に掲載されている当たり前の内容は質問しないようにしましょう。

自分で調べればすぐにたどり着く情報を質問すると、応募者の関心度やリサーチ能力を疑われます。

すわなか

せっかくの質問時間なので、調べても情報が見つからなかったことを尋ねるようにしましょう!

逆質問の時間では、調べてもなかなか分からないことを質問することがおすすめです。

その②:同じような内容の質問を繰り返さない

逆質問の際、同じような内容の質問を繰り返すのはNGです。

「特に力を入れている分野は何ですか?」「主力事業を教えてください」といった質問は、ほぼ同じような内容となります。

面接中の貴重な逆質問タイムなので、異なる内容や意図の違う質問を行うようにしましょう。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

その③:面接官が答えづらい質問は避ける

また、逆質問では面接官が答えづらい質問を行うのは避けましょう。

例えば「企業のブラックな側面を教えてください」といった質問は絶対にNGです。

採用担当者

他にも、残業時間や離職率に関する質問が該当します。
企業のマイナスな側面を聞き出す質問はNGとなります。

逆質問では「自分のやりたい仕事ができるか」といったことに焦点を当て、上記のような質問は行わないように気をつけてください。

その④:給与などの雇用条件に関する質問は避ける

面接時の逆質問で、給与や福利厚生といった雇用条件に関する質問を行うのは避けるべきです。

最終的な入社条件の調整時に質問するのは問題ありませんが、採用面接で質問すると「雇用条件目当ての応募なのか」といった悪印象を与えます。

転職エージェントや仲介業者に質問するのは構いませんが、採用面接で面接官に質問することは避けるようにしましょう。

その⑤:仕事と無関係な質問を行わないようにする

逆質問の際、仕事や勤務と無関係なプライベートの質問は避けるようにしましょう。

「職場近辺に美味しいレストランはありますか?」といった質問はNGとなります。

採用担当者

仕事と無関係な質問をすると、業務への関心度が低い印象を与えてしまいます。
面接以外の雑談時ならOKですが、採用面接時は避けるのが無難です。

場の雰囲気を読むのも社会人スキルの1つなので、逆質問で仕事と無関係な質問は行わないように気をつけましょう。

採用面接での逆質問!事前準備が転職成功のポイント

この記事では、就活&転職活動の採用面接で求められる逆質問について解説しました。

面接時の逆質問では、応募職種の仕事内容や職務スキルに関する質問を行うことがおすすめです。

これまでに紹介したおすすめ質問リストや注意事項を参考に、自分独自の質問内容を用意するようにしてください!

この記事のおさらい
  • 逆質問は入社意欲や熱意を伝えるチャンス
  • 仕事への積極性をPRする質問がおすすめ
  • 雇用条件やプライベートに関する質問はNG

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

転職者&求職者におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、転職者&求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように様々な転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

five + twelve =

目次