転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

エンジニアになるには!未経験の社会人が独学でなれる?

ウェブ開発のツールをイメージさせるイラスト画像
  • URLをコピーしました!

「エンジニアへの転職にチャレンジしたいけど、経験がない…」
「未経験だけど、今からでもエンジニアに転向したい」

エンジニア未経験の社会人がITエンジニアを目指す際、上記のような不安や悩みを抱く人が少なくないと思います。

今回の本記事では、未経験の社会人がエンジニア&プログラマーを目指す方法や、独学で大丈夫なのかといったことを解説します!

転職者

未経験からでもエンジニアになれるの?

すわなか

結論としては、未経験者でもエンジニアに転身することは可能です!
本気でエンジニアとして働くことを目指すなら、オンラインのプログラミングスクールや、未経験者を対象としたエンジニア向け転職エージェントの活用がおすすめです。

未経験者がエンジニアを目指す方法や転職活動の進め方を紹介するので、未経験からエンジニアを目指したい社会人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

この記事の内容
  • 未経験からエンジニアを目指す方法
  • 独学でエンジニアとして転職できるのか
  • エンジニアを目指す際の注意点

本記事では、本気でエンジニアやプログラマーとして働きたい社会人に向けた情報発信を行っています。

これからエンジニアを目指して活動したいという人は、本記事の情報を役立ててもらえればと思います。

目次

エンジニアを目指すなら独学はNG!便利なサービスの利用がおすすめ

結論からお話しすると、未経験からエンジニアを目指す際に完全独学はおすすめできません。

独学で進めてしまうと目標設定を立てづらいことに加えて、学習時にわからないことが出てくると挫折するリスクが極めて高いためです。

すわなか

エンジニアを目指すなら、外部サービスの利用が強くおすすめです!
無料で利用できるものもたくさんあるので、しっかり活用するようにしましょう。

独学のメリットはマイペースで進められることですが、逆に自分自身できちんと管理できないと、目標とする言語やスキルを習得することができません。

本気でエンジニアを目指すなら、自分を客観的に評価してアドバイスしてもらえるサービスを利用することが推奨されます。

オンラインでプログラミング研修を受講している女性の写真
便利なサービスを活用してスキルアップを

未経験者には転職サポート付きのプログラミングスクールがおすすめ

未経験者がエンジニアとして働くことを目標とする場合、転職サポート付きのプログラミングスクールの利用がおすすめです!

転職サポート付きのプログラミングスクールを利用するメリットとして、下記が挙げられます。

  • 体系だった講義を受講できる
  • 実践レベルのスキルが身につく
  • 担当者に疑問を質問しながら進められる
  • 学んだ知識を活かせる転職先を探してもらえる
  • モチベーションを維持しながら学習できる

体系だった講義を受講して、転職後の実際の業務で役立つスキルを身につけられる点がポイントです。

また疑問点や悩みを解消しながら進められるので、モチベーションを保って学習を進められる点もメリットと言えます。

すわなか

しっかり学んだ後に、自分の希望にマッチする転職先を紹介してもらえる点も特徴です!
エンジニアの実務経験がなくても転職先を斡旋してもらえるので、学習〜内定獲得までを効率よく進めることができます。

ここでは、未経験者におすすめできる転職サポート付きのプログラミングスクールや転職エージェントをいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてください。

プログラマカレッジ:高い就職成功率が特徴のサービス

口コミで評判のプログラマカレッジの公式サイトトップページのスクリーンショット

未経験者におすすめの転職サポート付きのプログラミングスクールの1つが「プログラマカレッジ」です!

講義や授業の内容が高評価なだけでなく、高い就職成功率が注目を集めるプログラミングスクールになります。

プログラマカレッジの公式サイトは下記からアクセスできるので、エンジニア志願者はぜひ閲覧してみてください。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

GEEK JOB(ギークジョブ):文系大学生やフリーターも利用実績あり

口コミで評判を集めるギークジョブの公式サイトトップページのスクリーンショット

文系大学生やフリーターといった、エンジニア専門外の人の利用実績が豊富なプログラミングスクールが「GEEK JOB(ギークジョブ)」です!

通常だと有料のサービスですが、早期のスキル習得&転職を目指すスピード転職コースの場合だと、無料で授業を受講することができます。

GEEK JOB(ギークジョブ)の公式サイトは下記からアクセスできるので、エンジニア志願者はぜひ閲覧してみてください。

はじめてのエンジニア:未経験者の採用を行う企業の求人を紹介

はじめてのエンジニアの公式サイトトップページのスクリーンショット画像

プログラミングスクールではありませんが、エンジニア未経験者の転職活動におすすめできる転職エージェントが「はじめてのエンジニア」です!

はじめてのエンジニアでは未経験者の採用を積極的に行う企業を扱っているため、未経験からエンジニア職に転職を目指す求職者に利用がおすすめできます。

はじめてのエンジニアの公式サイトは下記からアクセスできるので、エンジニア志願者はぜひ閲覧してみてください。

エンジニアに転職する際の注意点!エンジニア適性をしっかり把握する

未経験からエンジニアへの転職を検討する際、自分にエンジニア適性があるか把握しておくことが大切です!

エンジニアとしての適性がないのに無理やり転職を行うと、後からミスマッチを感じて後悔するリスクがあるためです。

これからエンジニアに転身しようと考えている人は、下記を参考にして、自分にエンジニア適性があるかを熟考してみてください。

エンジニア適性の判断材料
  1. 長時間のパソコン作業が苦にならない
  2. ソースコードを見ることに抵抗がない
  3. 地道にコードの間違いを修正できる
  4. テクノロジーの進化に対応していける
  5. 一定以上のコミュニケーション力がある

それでは、上記を詳しく見ていきましょう。

項目1:長時間のパソコン作業が苦にならない

エンジニアを目指す大前提として、長時間のパソコン作業が苦にならないことが必要です!

エンジニアやプログラマーはパソコンを使った作業がメインになるため、長時間のデスクワークは避けられません。

すわなか

デスクワークより「体を動かす方が好き」という人には、エンジニアはおすすめできません。

業務中は基本的にパソコンの画面を見ながら一人で作業を行うため、集中力を途切れさせずにPC作業できることが必須条件と言えます。

項目2:ソースコードを見ることに抵抗がない

エンジニアやプログラマーを目指す際、ソースコードを見ることに抵抗がないことも必須条件になります!

プログラミングやコーディングを行う際、特定の記号や文字列を入力することで動作処理を行います。

すわなか

プログラミング言語によりソースコードは異なりますが、共通して言えるのは「記号の羅列を理解する必要がある」ことです!
そのため、記号の羅列を見ることに苦痛を感じる人には、エンジニアは不向きと言えます。

ソースコードを書いたり確認したりといった作業に耐えられない場合、エンジニア以外の働き方を目指すようにしましょう。

マックを使ってプログラミングしている男性の写真
ソースコードの確認作業は必要不可欠です

項目3:地道にコードの間違いを修正できる

またエンジニアやプログラマーとして働いていく際に、地道にコードの間違いを修正できることが必要です!

プログラムやソフトウェアを動かすためにはソースコードの入力が必要ですが、少しでもソースコードに間違いが生じていると、プログラムは正しく動作しません。

すわなか

文字や記号の羅列であるソースコードを確認して、間違いを修正できることが求められます!

時には忍耐力が求められますが、ソースコードの間違いを認識して修正できる能力は、エンジニアとして必須と言えます。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

項目4:テクノロジーの進化に対応していける

エンジニアとして長期的に活躍していくためには、技術やテクノロジーの進化に対応していける能力が求められます!

IT業界の技術の進歩はとても早く、数年前の技術や常識が現在では通じなくなっているケースが少なくありません。

すわなか

情報収集やスキルアップを継続し、変化に柔軟に対応できるように努めておくことが重要です!
自分自身の知識をアップデートしておかないと、数年後の技術レベルに対応できなくなる可能性があります。

エンジニアとして長く働いていくためには、技術革新にフレキシブルに対応する姿勢が肝要と言えます。

項目5:一定以上のコミュニケーション力がある

エンジニアやプログラマーに限らず大切なのが、一定以上のコミュニケーション力があることです!

仕事として取り組むプロジェクトを進行するにあたり、クライアントやチームメンバーと情報共有や打ち合わせを行うことが必要不可欠です。

すわなか

コミュニケーションスキルに長けている必要はありませんが、最低限の意思疎通ができる程度の能力は必要です。
個人のエンジニアスキルも大切ですが、それ以上に日常的なコミュニケーション能力が重要視されます!

コミュニケーション力に自信がない人は、現職や日常生活での第三者とのやりとりを通じて、コミュニケーション力の向上を図っておくことをおすすめします。

リモートワークしている男性に女性が話しかけている写真
転職前にエンジニア適性を確認することを推奨

迷ったら転職エージェントに相談してみることを推奨

自分自身がエンジニアに向いているか判断に困ったら、業界に詳しい転職エージェントに相談してみることをおすすめします!

転職することが目的であればエンジニア以外の選択肢も候補に挙がるため、客観的な意見を聞いてから転職活動を行う方が、結果としてミスマッチを防いだ転職を行えるためです。

家族や知人に相談することも可能ですが、IT業界やエンジニアの働き方に詳しくないと、役立つアドバイスが期待できません。転職エージェントやアドバイザーなど、業界に精通した人に相談することを推奨します!

無料で相談を行っている転職エージェントはたくさん存在するので、積極的に活用して後悔のない転職活動を成功させるようにしましょう。

未経験者がエンジニアを目指すには!手段や注意点をおさらい

本記事では、未経験者がエンジニアを目指す手段や注意点について解説してきました。

未経験からエンジニアに転身するなら、転職サポート付きのプログラミングスクールを利用することが非常におすすめです!

自分自身のエンジニア適性をしっかり把握した上で、外部サービスを効果的に活用してエンジニアを目指すようにしましょう。

この記事のおさらい
  • 転職サポート付きのプログラミングスクールが有用
  • 完全に独学でエンジニアを目指すのは非推奨
  • エンジニア適性のない場合は他の職種の検討を

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

ITエンジニアにおすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、ITエンジニアの求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のようにエンジニア向けの転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

nine + six =

目次