転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

エンジニアの転職!経験浅い&スキル不足を感じる若手は必見

会社の会議室で男性2人が打ち合わせしている写真
  • URLをコピーしました!

エンジニアとして転職活動を行う際、応募企業が評価するポイントに実務経験の年数やスキルが挙げられます。

特にジョブ型採用を行っている場合だと、応募者のスキルが重要視され、経験浅い&スキル不足と判断されると内定を獲得するのが難しいケースが多いです。

今回の記事では、経験やスキルに自信のない若手エンジニアにおすすめの転職情報を解説します!

転職者

経験が浅いと転職できないのでしょうか…

すわなか

決してそんなことはありません!
経験に自信がない場合、転職支援付きのプログラミングスクールを利用することがおすすめですよ。

実務経験が少なくスキル不足を感じる場合、転職サポートが受けられるプログラミングスクールを利用することが効果的です。

なかには無料で講習受講&転職支援を受けられるサービスもあるので、経験に自信のないITエンジニアは必見ですよ!

この記事の内容
  • スキルに自信のないエンジニアの転職方法
  • 経験浅いエンジニアにおすすめの転職サービス
  • エンジニアとして転職する際の注意点

スキルに自信のないエンジニアや、未経験からエンジニアに転職したい若手求職者に、ぜひ本記事を参考にしてもらえたらと思います。

役立つ転職サービスをいくつか紹介するので、転職活動にお困りの際に役立ててくださいね。

目次

若手エンジニアにおすすめ!転職サポート付きプログラミングスクール

スキル不足&経験浅いと感じるエンジニアが転職を行う際、転職サポート付きプログラミングスクールの利用がおすすめです!

プログラミングスクールの授業を通してスキル習得を図れるだけでなく、人材募集を行っている企業への斡旋を行ってもらえるため、リスクを抑えた転職活動を行うことができます。

すわなか

特に若手エンジニアの場合、無料でサービスを受けられるケースも少なくありません!
講習を受講しながら転職活動を進められるので、転職先で即戦力として活躍することが可能となります。

口コミで評判を集める転職サポート付きプログラミングスクールを紹介するので、若手エンジニアはぜひ参考にしてください。

人気サービス①:GEEK JOB(ギークジョブ)

口コミで評判を集めるギークジョブの公式サイトトップページのスクリーンショット
GEEK JOB(ギークジョブ)

充実した転職サポート&講義内容で高評価なのが「GEEK JOB(ギークジョブ)」になります。

通常のコースだと有料となりますが、若手を対象とした「スピード転職コース」だと無料で講習受講&転職サポートが受けられます!

すわなか

スピード転職コースだと、無料で高品質な授業を受けられます!
紹介先に有名企業も多く、本気で転職活動を考えている人におすすめです。

GEEK JOBの詳しい情報は、下記リンクを参照してみてください。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

人気サービス②:プログラマカレッジ

口コミで評判のプログラマカレッジの公式サイトトップページのスクリーンショット
プログラマカレッジ

高い就職成功率で人気を集めるのが「プログラマカレッジ」になります。

プログラミング講義受講や転職サポートが無料であることに加えて、転職成功率が96%以上と高い点が評判になっています!

すわなか

違約金がないことも、プログラマカレッジの利用メリットの1つです!
最後まで続けられるか不安な人でも、安心して利用することが可能です。

プログラマカレッジの詳しい情報は、下記リンクを参照してみてください。

人気サービス③:転職ドラフト

口コミでエンジニアの評判を集めている転職ドラフトの公式サイトトップページのスクリーンショット
転職ドラフト

プログラミングスクールと少し異なりますが、自分自身のスキルやキャリアを客観的に評価してもらえる転職サイトが「転職ドラフト」になります。

Webサイト上にキャリアやスキルを登録しておくことで、応募者に魅力を感じた企業からオファーをもらうことができます。

すわなか

自分自身のキャリアを、第三者から客観的に評価してもらえる点がメリットです!
自分で自信が持てなくても、企業から見ると魅力に感じるスキルを持っている可能性があります。

転職ドラフトの詳しい情報は、下記リンクを参照してみてください。

経験浅いエンジニアが転職する際の注意点!年齢や自己PRの熟考が必要

経験浅いエンジニアが転職活動を進める際、応募年齢や自己PRの仕方に注意をはらいながら進める必要があります。

ここでは、キャリア&スキルに自信のない若手エンジニアが就活を進める際の注意点を解説します!

就職活動を進める際の注意事項
  • 年齢が若い方が有利になる(早めに転職スタート)
  • 少しでも活かせそうなスキルを中心に自己PR
  • 入社後に習得したいスキルやキャリアプランを持つ

注意点①:年齢が若い方が有利になる(早めに転職スタート)

経験や実績に自信がないエンジニアが転職を行う際、できる限り早いタイミングで転職活動を行うことが重要です!

年齢が高くなるほど求められるスキルレベルが上がるため、内定&採用に至るハードルが高くなってしまいます。

すわなか

可能であれば、20代で転職活動を行うことがベストです!
20代であれば、仮に未経験だとしても採用を検討してもらえるケースが少なくありません。

30代以降の場合は、プログラミングスクール等で何かしらの技術を習得しておくことをおすすめします。

特に異なる業界や職種からエンジニアに転向する場合、早めに行動しておくことをおすすめします。

カジュアルな服装のシステムエンジニアがオフィスでミーティングしている写真
早めの転職活動スタートが推奨されます

注意点②:少しでも活かせそうなスキルを中心に自己PR

また履歴書&職務経歴書や採用面接で自己PRを行う際、少しでも入社後に活かせそうなスキルを中心に自己PRを行うことが大切です!

エンジニア経験不問としている場合でも、ある程度はキャリアやスキルをもとに採用可否を判断されるため、活かせそうなスキルがあれば自己PRのネタとして活用しましょう。

採用担当者

企業としては、会社の成長に貢献してもらえる人材の獲得を目指しています。
そのため、企業目線で役立ちそうなスキルや経験をPRしてもらえると好印象ですよ!

自己PRの内容が不安な場合、家族&知人や転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

注意点③:入社後に習得したいスキルやキャリアプランを持つ

若手エンジニアが転職活動を行う際、入社後のキャリアプランや習得したいスキルを考えておくと高評価です!

若手転職者の場合、社会人としての伸びしろや成長性も人材価値として評価されます。

すわなか

ある程度のキャリアプランを考えておくと、面接時の質問対策に役立ちます!
面接で尋ねられた際、しっかり答えられると入社意欲が高いと判断され、内定獲得に近づきます。

入社後の具体的なイメージを持っておくことで、転職活動のモチベーションアップにもつながるのでおすすめですよ。

女性プログラマーがコーディングに取り組んでいる写真
入社後のイメージを考えておくことがおすすめです

未経験&経験浅いエンジニアにおすすめの転職サイトや就活時の注意点

本記事では、キャリアや経験浅いエンジニアが転職を進める際の方法や注意点を解説しました。

スキルに自信がない場合、転職サポート付きプログラミングスクールなどを活用することがおすすめです!

特に年齢が若い方が経験を重視されづらいため、転職を検討しているのであれば早めに行動してみることを推奨します。

この記事のおさらい
  • 経験不足を感じたら転職サービスを活用
  • 無料で受講できるプログラミングスクールあり
  • 早めに転職活動をスタートすることを推奨

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

第二新卒におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、第二新卒&若手求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように第二新卒向けの転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

nine + nineteen =

目次