転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

転職活動で電話に出れなかった!対応やメール返信の例文など

スーツ姿の若手会社員の男性が歩きながらスマートフォンで電話している写真
  • URLをコピーしました!

就職活動や転職活動を進めている中で、応募企業から選考に関する電話連絡を受け取る場合があります。

選考の合否や面接の日程連絡など、企業からの電話には重要な内容の連絡も多いです。

今回は、就活&転職活動時に応募企業からの電話連絡に出れなかった場合の対応方法や、メールで返信を行う際の例文などを解説します。

転職者

企業からの着信を見逃してしまった…

すわなか

電話に出られなかったら、当日中に電話で折り返しの連絡を行いましょう!
折り返し時、企業担当者が不在ならメール連絡をおすすめします。

応募者の都合もあるので、企業からの電話に出られないこと自体は何も問題ありません。

不在着信に気がついたら、応募者側から折り返しの電話連絡やメール連絡を行えばOKですよ!

この記事の内容
  • 企業からの電話に出られない場合の対応
  • おすすめの連絡方法やNGの連絡方法
  • 折り返しできない場合の対応やメール例文

本記事では、就活&転職活動時に応募企業からの電話に出られなかった場合の対策を紹介します。

選考途中で応募企業と頻繁に連絡を行っている転職者は、ぜひ記事の内容を参考にしてもらえたらと思います。

目次

転職応募先から不在着信!当日中に折り返しの電話連絡をおすすめ

就職活動や転職活動の際、応募先の企業からの不在着信に気がついたら当日中に折り返しの電話連絡がおすすめです!

電話連絡を行うケースとして「選考結果の合否」「採用面接の日程調整」といった重要な内容が多いため、可能な限り早めの折り返し連絡が推奨されます。

採用担当者

緊急性や重要度の高い場合、企業担当者は電話連絡を行います。
早いタイミングで折り返しがあると、好印象です!

ここでは、不在着信後に折り返し電話連絡を行う場合の例文を紹介したいと思います。

折り返しの電話連絡を行う際の参考例文

下記に、応募企業に折り返しの電話連絡を行う際の例文を記載します。

折り返しのタイミングとしては、当日中&できる限り早めに折り返すことが大切です!

電話連絡時は採用担当者以外の社員が出る可能性もあるため、自分の名前を伝えて担当者に取り次いでもらうことが必要となります。

就活&転職活動中の求職者は、下記をタップして表示される例文を参考にしてください!

もし不在着信の内容に心当たりがあれば、電話連絡時の冒頭で伝えておくことが親切です。

電話に出られなかった旨の謝罪を入れ、丁寧な姿勢で電話の内容を尋ねるようにしましょう!

リクルートスーツ姿の男性が笑顔で電話している写真
当日中の電話連絡がおすすめです

担当者不在時はメールで返信!メール連絡時の例文を紹介

転職活動時、企業担当者への折り返し電話をしても不在で取り次いでもらえないケースがあります。

特に出張や外出等でなかなか電話がつながらない場合、メールで返信を行うことがおすすめできます!

すわなか

原則としては電話で折り返しを行うのがベストです!
どうしてもつながらない場合は、メールで連絡を行いましょう。

参考までに、不在着信に対するメール連絡時の例文を紹介します。

不在着信に対するメール返信の例文

下記に、企業担当者からの不在着信に対するメール返信の例文を紹介します。

電話で折り返す場合と同様に、不在着信があった当日中にメール連絡を入れておくと効果的です。

メール連絡時、冒頭で電話に出られなかったお詫びを述べてから、電話連絡の目的を尋ねるようにしましょう!

就活&転職活動中の求職者は、下記をタップして表示される例文を参考にしてください!

電話の場合と同様に、不在着信の内容に心当たりがあれば記載しておくようにしましょう!

スーツ姿の男性と作業服姿の男性が握手している写真
社会人マナーを意識したメール返信が肝要です

不在着信の放置は厳禁!NG例や悪印象を与える対応例など

就活&転職活動時、企業の採用担当者からの電話連絡を放置することは厳禁です!

社会人の基礎スキルが欠如していると判断され、内定獲得への道が遠ざかってしまいます。

すわなか

不在着信の放置は絶対にNGです!
逆に、短時間で過剰に連絡しすぎるのも厳禁となります。

不在着信に気がついた際、下記の行動をとらないように気をつけましょう。

応募者の評価を下げる可能性があり、選考に悪影響を与える懸念があります。

  • 不在着信に折り返さず放置する
  • 担当者が不在だからといって放置する
  • 短時間に過剰な回数の電話連絡を行う
  • メール連絡時、不在着信へのお詫びをしない

原則として当日中に折り返しの電話連絡を行うことがおすすめで、つながらない場合はメールで連絡を行っておくことがベストです!

不在着信を放置したり、担当者につながらないからといってスルーしたりすることは、必ず避けるように心がけましょう。

転職活動中の人におすすめ!口コミで評判の転職サイトを紹介

ここで、転職活動中の人におすすめできる転職サイトをピックアップしたいと思います!

転職を成功させるためには、複数の転職サービスを併用することが強く推奨されるので、気になる転職サービスが見つかったら公式サイトから相談を行ってみることがおすすめです。

すわなか

利用している途中で「あまり好ましくない…」と感じたら、利用を中断して問題ありません!
利用すべきか迷っていたら「とりあえず使ってダメなら退会」といった感じに、気軽に使ってみることをおすすめします。

それでは、転職希望者に口コミで評判となっている転職サービスを紹介して参ります。

おすすめ①:キャリアインデックス/総合求人サイト

口コミで評判の転職サイトであるキャリアインデックスの公式サイトトップページのスクリーンショット画像
キャリアインデックス/総合求人サイト

求人情報の検索におすすめの総合求人サイトが「キャリアインデックス」です。

キャリアインデックスは様々な転職サイトの求人情報をまとめて検索できることが特徴で、いろんな転職サイトの求人情報を比較しながら探したい人に利用が適しています!

キャリアインデックスの特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

おすすめ②:第二新卒エージェントneo/20代&第二新卒向け

20代におすすめの第二新卒エージェントネオの公式サイトトップページのスクリーンショット
第二新卒エージェントneo/20代&第二新卒向け

20代&第二新卒向けの総合転職サイトの1つが「第二新卒エージェントneo」です。

第二新卒エージェントneoは大手転職エージェントとして知られていて、若手求職者の転職サポート実績が豊富にあることが特徴です。

第二新卒エージェントneoの特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

おすすめ③:UZUZ(ウズキャリ)/20代&第二新卒向け

既卒や第二新卒に評判のウズウズキャリアの公式サイトトップページのスクリーンショット画像
UZUZ(ウズキャリ)/20代&第二新卒向け

20代&第二新卒向けの総合転職サイトとして有名なものに「UZUZ(ウズキャリ)」があります。

UZUZ(ウズキャリ)ではブラック企業の求人掲載を排除していることが特徴で、入社後の定着率が他サイトと比較して高いことが注目されています!

UZUZ(ウズキャリ)の特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

おすすめ④:ウズキャリIT/エンジニア未経験者向け

エンジニア未経験者の転職に評判のウズキャリITの公式サイトトップページのスクリーンショット画像
ウズキャリIT/エンジニア未経験者向け

未経験からIT業界やエンジニアへの転職を目指したい人におすすめなのが「ウズキャリIT」です。

ウズキャリITはエンジニア未経験者の転職支援に特化していることが特徴で、入社後の定着率が高くユーザー満足度も高評価であることがポイントです!

ウズキャリITの特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

おすすめ⑤:コウジョブ/工場&製造業の希望者向け

転職者に口コミで評判を集めているコウジョブの公式サイトトップページのスクリーンショット画像
コウジョブ/工場&製造業の希望者向け

工場や製造業関係の求人情報を探している人におすすめなのが、求人サイト「コウジョブ」になります。

コウジョブは高待遇な製造業のお仕事が見つかることが特徴で、未経験から同分野への転身を目指す求職者にも利用が推奨されます!

コウジョブの特徴や口コミ&評判は下記リンク先にまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

複数の転職サービスの併用を推奨!人気の転職サービス一覧はこちら

ここまで紹介した転職サービス以外にも、転職活動に役立つ転職サービスはたくさん存在します。

転職サイト&転職エージェントごとに特徴や強みが異なるので、複数サービスを併用することが後悔のない転職活動を行うことにつながります!

使うべき転職サービスで悩んでいる転職希望者は、ぜひ下記リンク先から希望にマッチした転職サービスを探してみてください。

就活&転職活動で電話に出られない場合の対応方法など

この記事では、就活&転職活動で応募企業からの電話に出られない場合の対応について解説しました。

不在着信に気がついたら、当日中の早めのタイミングで折り返し電話連絡を行うことがおすすめです!

電話連絡時&メール連絡時の例文も紹介したので、転職活動中の求職者は参考にしてもらえたらと思います。

この記事のおさらい
  • 当日中に電話で折り返し連絡を推奨
  • できる限り早めの折り返し連絡がおすすめ
  • 担当者不在時はメール連絡を行うとベスト

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two × 3 =

目次