転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

第二新卒の転職活動!面接の自己紹介&自己PRや質問対策

モダンなベンチャー企業のオフィスの写真
  • URLをコピーしました!

新卒採用で就職した会社を退職し、第二新卒として転職活動を検討している人も多いと思います。

第二新卒で転職活動を行う際、面接時の自己紹介&自己PRや質問対策が特に重要です!

新卒採用の場合と違い、社会人としてのスキルやキャリアを効果的に説明することが必要となります。

転職者

第二新卒の面接で気をつけるべきことを知りたい…

すわなか

求人情報で求められている人材と合致したキャリアやスキルをPRしましょう!
加えて、前職の退職理由をしっかり話せることが大切です。

新卒採用の時と比べて、より人柄やスキル面が社風とマッチしているかを重要視されます。

採用対象となる人材像を正しく把握し、自己紹介や自己PRを考えることをおすすめします。

この記事の内容
  • 第二新卒の転職活動での自己紹介
  • 面接で自己PRを行う際の注意点
  • 採用面接での質問対策の重要性

本記事では、第二新卒の面接で自己紹介&自己PRを行う際のポイントや、質問対策を行う際の注意事項を解説します。

第二新卒として就活を行っている求職者は、ぜひ本記事を参考にしてもらえたらと思います。

目次

第二新卒の転職活動!面接時の自己紹介&自己PRのポイントや注意点

第二新卒の転職活動で面接に臨む際、自己紹介&自己PRの重要性を把握しておくことが大切です。

新卒採用で応募する場合と異なり、第二新卒では一定の社会人スキルやビジネスマナーを有していることが求められます!

自分のスキルやキャリアだけではなく、最低限のビジネスマナーを意識した対応を心がけるようにしましょう。

第二新卒の自己紹介:前職のキャリアやスキルを客観的に説明する

面接で自己紹介を行う際、基本的には下記の流れで進めることがおすすめです。

名前&職歴を簡単に話した後、具体的な職務内容を客観的に伝えることがおすすめです!

すわなか

過度なPRは控えて、キャリアやスキルを客観的に説明しましょう!
自己紹介と自己PRを分けて考えることがポイントです。

1. 氏名と職歴を伝える

面接で自己紹介を行う際、まずは氏名と職歴を伝えることからスタートです。

人によっては緊張してしまうかもしれませんが、必ず面接官の目を見てハッキリした声で伝えましょう!

詳細な職歴を伝える必要はなく、どんな会社でどんな仕事をしていたかが簡単に伝わる程度でOKです。

2. 前職の業務内容&仕事内容を伝える

名前と簡単な職歴を伝えたら、続いて前職の業務内容&仕事内容を伝えましょう。

ここでのポイントは、応募企業で活かせそうな業務内容があれば必ず説明しておくことです!

特に直結するような仕事経験があれば、自己紹介の時点でそれとなく触れておくことをおすすめします。

3. 締めの挨拶を伝えて自己紹介を終了

自己紹介を話し終えたら、最後に「本日はよろしくお願い致します」といった形で挨拶を行い、自己紹介を終えましょう。

結びの挨拶がなければ自己紹介が終わったかどうか分からず、面接官が判断に困ってしまう可能性があります。

最後に締めの挨拶を伝えてメリハリをつけ、自己紹介を終えることがおすすめです!

男性2人が会社のオフィスで打ち合わせしている写真
自己紹介で応募者の第一印象が決まります
おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

第二新卒の自己PR:応募職種に活かせそうなキャリアをPR

第二新卒の採用面接時、自己PRでは採用後の応募職種で活かせそうなキャリアをPRするようにしましょう!

例えば、下記のようなイメージで自己PRを用意しておくことがおすすめです。

応募職種PRできるキャリア例
事務職パソコン業務, 電話応対, 書類作成, 郵送手配 …
製造職装置の操作経験, ライントラブル対応, 保有資格 …
ITエンジニアプログラミング経験, 使用経験のある言語 …
自己PRに活かせそうな職務経験例

上記はあくまで一例ですが、応募した職種と関連性の高い仕事経験をリストアップしておくことが大切です。

特に即戦力としてPRできるものがあれば、必ず自己PRの際に説明するようにしましょう!

自己紹介&自己PRの例文を紹介!面接前の参考に

ここでは、自己紹介&自己PRの例文を共有したいと思います。

採用面接の対策を行っている第二新卒の人は、ぜひ下記の例文を活用してみてください!

男性の応募者が採用面接で自己紹介を行っている写真
マッチングの高い職務経験は必ず共有しましょう

第二新卒の転職活動!採用面接までに退職理由の質問対策が必須

第二新卒の転職活動の際、採用面接までに前職の退職理由や転職理由に対する質問対策は必須と言えます!

ここでは、退職理由や転職理由に対して訊かれた際の答え方のポイントを解説したいと思います。

退職理由はポジティブに!前向きな理由を伝えることがおすすめ

面接官から前職の退職理由を訊かれたら、ポジティブな理由を答えることをおすすめします!

自分自身のスキルアップやキャリアアップなど、成長意欲を感じさせるような返答を行うことが大切です。

すわなか

若手の場合、特に上昇志向を感じさせる内容だと好印象です!
前職での経験をベースに、前向きな転職理由を伝えましょう。

「エンジニア経験を活かして新サービスの開発にチャレンジしたい」など、ポジティブな理由を準備しておきましょう。

ネガティブな退職理由&転職理由は厳禁!不採用の原因となる

逆に、面接の場でネガティブな退職理由&転職理由を伝えることはNGです!

面接官に悪印象を与え、不採用となる可能性を高めてしまいます。

  • 前の職場がブラックだった
  • 職場の人間関係が最悪だった
  • 上司と馬が合わずに退職した
  • 福利厚生がかなり悪かった

仮に本音であったとしても、上記のような理由を伝えることはおすすめできません。

退職理由を訊かれたら、前向きで成長意欲を感じさせる内容で返答を行うようにしましょう!

女性の応募者が企業面接を受けている写真
前向きな退職理由&志望動機を伝えましょう

転職活動中の第二新卒におすすめ!面接での自己紹介&自己PRなど

この記事では、転職活動中の第二新卒向けの自己紹介&自己PRの例文や、退職理由に関する質問対策などを紹介しました。

自分自身のキャリアを振り返り、応募した会社や職種で活かせるキャリアを中心にまとめると効果的です!

退職理由&転職理由を説明する際は、必ずポジティブな理由を話すように心がけましょう。

この記事のおさらい
  • 自己紹介では社会人としてのキャリアを説明
  • 職種に直結しそうな職務経験をPRする
  • 前向きで成長意欲を感じさせる退職理由を

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

第二新卒におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、第二新卒&若手求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように第二新卒向けの転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two × 3 =

目次