転職活動中なら必見!おすすめ転職サイトとはCLICK!

第二新卒の就活&転職活動!アピールポイントや自己PR

会社のオフィスで人材採用に関する打ち合わせを行っている風景の写真
  • URLをコピーしました!

第二新卒の就活&転職活動で重要となるのが、応募者の第一印象を決めるアピールポイントや自己PRです。

第二新卒では社会人としての職歴が浅いケースが多いため、一般的な中途採用の場合と異なり、アピールポイントの作成時に工夫が必要となります。

基本的には成長意欲を感じさせるアピールポイントの作成がおすすめで、転職後の業務への積極性をPRするようにしましょう!

転職者

第二新卒のアピールポイント作成のコツを知りたい!

すわなか

ポテンシャルを感じさせる内容にまとめましょう!
具体的なエピソードを踏まえて、成長力をアピールすることがポイントです。

アピールポイントや自己PRを用意しておくことは、履歴書の志望動機を作成する際だけでなく、採用面接でスムーズな受け答えを行うことにもつながります。

応募者の印象を左右する大切な事項なので、第二新卒として就職活動を行う若手求職者は、ぜひ本記事を参考にしてもらえたらと思います。

この記事の内容
  • 第二新卒のアピールポイント
  • 自己PR作成時のコツや注意点
  • 好印象を与える書き方や例文など

この記事では、第二新卒のアピールポイントや自己PRのまとめ方を解説しています。

履歴書の志望動機を作成している人や、面接の質問対策を行っている人は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

目次

第二新卒のアピールポイント!作成時のコツやルールとは

ここでは、第二新卒がアピールポイント&自己PRを作成する際のコツやルールを解説します。

端的にまとめると「自分のポテンシャルが伝わる内容とする」ことが大切です!

アピールポイント作成がうまく進められていない若手転職者は、こちらを参考にしてください。

第二新卒のアピールポイント
  • スキルのPRよりも成長性&将来性を感じさせる内容にまとめる
  • 第三者から評価された経験やエピソードを交えてまとめる
  • 応募先の企業が求める人材像をイメージしてまとめる

スキルのPRよりも成長性&将来性を感じさせる内容にまとめる

一般的な中途採用の場合と異なり、第二新卒では成長性&将来性を伝えられる内容とすることが基本です!

第二新卒は社会人経験が浅いため、経験やキャリアよりも応募者自身のポテンシャルを評価される可能性が高いためです。

すわなか

業務に積極的に取り組んできた経験や、未経験の分野で活躍した経験をアピールしましょう!

一例ですが、下記に該当するものがあれば、アピールポイントとして活用が可能です!

自分自身の経歴を振り返り、アピールポイントとして使えるものがないかリストアップしてみてください。

  • 業務のマニュアル化を行い、作業効率改善を図った
  • 顧客へのヒアリングを徹底的に行い、社内で新サービス創設の提案を実施した
  • 既存顧客のサポート営業で業績を残し、新規顧客の開拓を任された

小さなことでも構わないので、自分で積極的に取り組んだ業務をポジティブにPRすることがおすすめです!

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

第三者から評価された経験やエピソードを交えてまとめる

第二新卒がアピールポイントをまとめる際、第三者から評価された具体的なエピソードを交えることが効果的です!

応募者以外からの評価を添えることで説得力が増し、応募先の採用担当者の共感を得ることにつながります。

採用担当者

自分から積極的に行った行動に対して、褒められたり評価されたりしたことがあれば自己PRのチャンスです!
顧客や社内の第三者など、他者からの評価を伝えることで説得力が大きく増します。

採用面接で具体的なエピソードや実例を問われる場合も少なくないため、アピールポイントを準備する際に事前に考えておくことをおすすめします!

応募先の企業が求める人材像をイメージしてまとめる

第二新卒がアピールポイントや自己PRを作成する際、応募企業が求める人材像を意識して作成することも重要です!

企業や職種ごとに重視される項目は異なるので、求人情報を見て求められている要素を正しく把握し、そこにマッチする内容に仕上げるようにしましょう。

すわなか

求人情報で「求める経験」などが記載されていれば、自己PRで触れておくようにしましょう!
合致する経験やスキルがあれば、必ず説明することがおすすめです。

職務経験や長所&人柄など、企業が求める人物像にマッチするものはアピールポイントに活用できます!

アピールポイントを用意する際は、求人募集をもう一度チェックして、会社の求める人材像を確認することを推奨します。

男性と女性がタブレット端末を使ってミーティングしている写真
ポテンシャルを感じさせるアピールポイントが肝要

第二新卒のアピールポイント!転職時におすすめの書き方や例文など

ここでは、第二新卒の転職活動に役立つアピールポイントの書き方や例文を紹介します!

アピールポイントや自己PR&志望動機の作成にお困りの若手転職者は、ぜひこちらを参考にしてください。

第二新卒向け例文①:仕事への積極性をアピールする

転職者

現職では、既存顧客への営業フォローの業務を行っていました。顧客の要望を徹底してヒアリングし、既存サービスの改善に活かしていました。

結果として顧客からのリピート率の改善につながり、部署全体の売上向上に貢献できました。上司から業績を評価され、現在は新規顧客への提案営業にも取り組んでおります。

第二新卒向け例文②:未経験分野での成長力をアピールする

転職者

現職で設計開発職として働いていますが、まったくの未経験で入社したため、必死に業務に取り組んできました。帰宅後に書籍やWebサイトを参考にして、ツールの使い方を自学自習しております。

結果として、今では問題なく会社の業務に取り組めています。上司から「業務の習得スピードがめざましく早いね」という評価をもらえているため、未経験の分野でも活躍できると自負しております。

第二新卒向け例文③:会社や業務への貢献度をアピールする

転職者

現職において、食品メーカーの品質管理職として働いています。社内で期待されている高単価の商品に携わっていましたが、製造時の歩留まりが改善できず、職場全体の課題となっていました。

業務を通じて、製造時の加熱条件に問題があると感じ、工程変更の提案を行いました。結果として課題解決につながり、歩留まりが5%改善する成果を上げることができました。

おすすめの転職サイト一覧へのバナーリンク

アピールポイント&エピソードに一貫性を持たせるのが大切

第二新卒がアピールポイント&自己PRを行う際、アピールポイントとエピソードに一貫性をもたせることが大切です!

あれもこれもと詰め込みすぎたり、具体性のない内容を漠然と書いたりするのはNGになります。

すわなか

アピールしたい内容を厳選し、具体的なエピソードを添えて説明しましょう!
具体性に欠ける内容を話すだけだと、印象アップにつながりません。

用意したアピールポイントや自己PRに自信がない場合は、転職エージェントや知人に確認してもらうことをおすすめします。

男性の応募者が応募先で採用面接を受けている写真
具体性を持たせることが内定獲得への近道

第二新卒の転職活動でオススメのアピールポイントや自己PRとは

本記事では、第二新卒で就活&転職活動を行う際のアピールポイントの書き方を解説しました。

成長性を感じさせるアピールポイントをエピソードを踏まえてまとめることが、応募先に好印象を与えるコツと言えます!

企業が求める人材像を把握し、マッチするポイントがあればそこに触れて、アピールポイントや志望動機の作成を行うようにしましょう。

この記事のおさらい
  • ポテンシャルを感じさせる内容でまとめる
  • 第三者からの評価や実績のエピソードを記載
  • 根拠のない漠然とした内容は厳禁

当サイトでは、他にも就活&転職に役立つツールや情報を紹介しています。

仕事探しや転職活動でお困りの際は、また当サイトを閲覧しに来てくださいね!

第二新卒におすすめ!口コミで評判の転職サービスを紹介

参考までに、第二新卒&若手求職者におすすめできる転職サービスをピックアップしたいと思います!

就職活動や転職活動をスムーズに進めるためには、複数の転職サービスを併用することが推奨されます。

当サイト(ジョブウィット)では、下記のように第二新卒向けの転職サービスの口コミ&評判の紹介を行っているので、使用する転職サイトを検討中の人は参考にしてください!

上記以外にも、便利な転職&就活サイトはたくさん見つかります。

当サイト(ジョブウィット)では、いろんな便利ツールの紹介や就活ノウハウの解説を行っているので、ぜひ他の投稿も閲覧してみてくださいね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

14 − ten =

目次